プレゼントにレコードを送るというセンス


おはようございます。
最近は、絶不調のようで何かと精進しているLotmanです。

こういう時期ってのはいろいろな余計な事を考えてしまいガチなのですが、全ては修行、いつまで修行しなきゃいけないのか・・・とかはなるべく考えないことだと、今悟りました。

今年、テラさんと一緒にいったバリの海。

IMG_0048

まるでLife’s Piのワンシーンのようで、朝から宗教的な感じで申し訳ないのですが、全然違いますwww

俺の言いたいことは、

海のように広い心を持ち合わせれば、小さい波(出来事)はすべて藻屑と返る

そんな感じのことです。

ただただ、目の前の事に注力していきたいと思います。

そんな中ですが、昨日のBlackの更新はできませんでした。
発送やら諸事情で時間が足りないことがわかりました。

まぁ、途中、アニメを見てしまったというのが敗因な気もしますが、やる気の出ない時には少しぐらい、のんびりして、アニメでも見ながらレコードとスキルを磨くことがかえって自己研鑽になるというアレです。

で、ありますので、今から最近の海外での大事なことをお話したいと思います。

プレゼントにレコードを送るというセンス

最近、ロトレコでは海外の方にレコードを販売する機会がかなり増えました。
DJさんやコレクターとの交流も多いわけですが、先日、(俺の妄想上)素敵な女性(仮)がレア盤を買っていってくれました。

そこにメッセージが添付されていました。

親友の誕生日プレゼントにレコードを送りたいからよろしくお願いします

この感覚って凄いなと思いました。
彼女も親友も別段コレクターでもマニアでもDJでもないわけです。
ですので、別に音楽をプレゼントするならItunes等やCDでもいいわけです。

しかし、女性が女性にプレゼントを贈るにあたり、あえて、レコードを選択するというセンス

半端無いです。

昔は日本でも彼女が彼氏にレア盤を送るAKAヒモDJのような行為が日常茶飯事で行われておりましたし、少し前でも、逆に、メンズDJさんが女の子DJさんにレア盤を送り、気を引くなんて行為を目撃しておりましたが、最近ではどちらもあまり聞きませんね。

前にアメブロの方でも書きましたが、今はDJするからという理由でコレクションをしている人以外に、「家でゆっくりレコードを聴くのが趣味」である人が増えています。

この傾向を踏まえれば、音楽を友人(または特別な人)と一緒の時間を共有する行為においては、Itunes等のデータやCDなどよりも、レコードで聞くほうが、やはり特別感を演出してくれるのかもしれません。

映画でも結構音楽を聴くシーンでレコードをかけているシーンも多いです。
*記憶があいまいですが、ジェイソン・ステイサムの映画でもありましたよねw

1LPTLC

http://www.lotrecord.com/product/4068
↑こちらからお買い求めできます↑
*かなりのレアLPですが最高!

LPなら15分程度の時間をかけて聞くことができるのでオススメです。
*12インチだと話もおちおちできませんよねwww

そんな冗談はアレですが、そういう理由からも最近は海外でLP人気が高いわけです。

ちょっと古めのLPをゆっくり聴くという習慣は、ストレス社会である日本にもオススメできる習慣ではないのかなと思い、今回、オススメさせて頂きます。

また、少し時間をつくりつつ、ペースを保って「レコードの買い方」や「レコードの掘り方」なんかも更新していこうと思っているので、ぜひ、チェックしてみてください。

ほかにも最近の出来事で書きたいことが多かったハズなのですが、ここ最近の仕事のストレスで記憶障害のため、忘却してしまいました。笑

そんなわけでして、今日もお仕事頑張りましょう♪

*スポンサード リンク*

This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+