レコードコレクターこそInstagramでレコードをオススメするメリットについて考えてみた。


今日は少しいつもよりも30%おバカになっておバカさんな妄想を話していこうと思う。

私がおバカさんになぁ~っても・・・

と謡ったのは、かの有名ななんたらちーさとはん。
そして、今日話す内容とは、まったく無関係な内容だ。

今日話すことは、少しでもレコードを買う事に興味を持ってもらい、毎日せっせとInstagrmに写真をアップしてもらうやる気をエナジーを上げてもらおうということだ。

少々酷い本をご紹介しよう。

こちら、例のかっちゃんの書いた本だが、これがまったく酷い内容で、よくもまあこんな本を出したなというか、流石だなと感心してしまう内容だ。

かいつまんで話せば、「有名人になると有名税が取られる」的な話だ。
このブログを楽しみに待ち望んでいる残念なコレクターの多くは、まだまだ有名税を払うほどじゃない方が多いと思う。

しかし、今から話をする内容を吟味して頂ければ、

あれ?俺もそろそろ有名税を納めないといけないんじゃないのかな?

なんてことを思っているようなヤカラは、是非、早めに納税することが義務付けられています。
迷わず、このサイトで「有名税」を収めてください。

*24時間受け付けています。
有名税の納税先はこちら

さてそろそろ掲題ついて話をしなければならない時間だが、その前にこの問いについて考えてみてください。

DJが有名になるには、どうしたらいいか?

まったく興味がない話だ。
しかし、顔が広ければ、いろんな人と知り合える機会も増えるのもまた事実。
う○こ野郎やたかりくん等だけじゃあなく、本当に素敵な人間とつながる機会も増える。

それは別に悪い事じゃない。

今日も岩手のコレクターさんから電話を頂いていろいろ話をした。
R&Bの話はあまりできなかったが、岩手にもマニアがいるのかもしれないと思うだけでテンションがあがる。

この時代、場所じゃないんだよな。
買う気があるかどうか。
本当にこれに尽きる。

俺も今やり始めたことがうまく行ったら、田舎暮らしをしたいと願っているわけですが、そんな話はまた今度にするとして、話を戻すと、DJが有名になるにはどうしたらいいか?についてざっくり考えてみた。

こういう話を書くと9割くらいの先輩方からクレームが来てしまうかもしれない。

なぜかといえば、地道に努力を重ねて来て、今の地位を得ている方が多いからだ。
俺もそれは毎日のように書いているが、本当に頭が下がるし、感謝の気持ちで一杯だ。

しかし、後続の若者はどんどん先輩を超えていかないといけないのです。
多くの先輩は、後輩に道を譲るべきで、それが結果として自分のためになるのです。

後輩に道を譲るメリット3点

1歳を食ってのセンスは宛にならないので、若い方がセンスがいいことが多い。
2後輩を伸ばすことで、自分も努力し、結果として自身の成長を確認できる。
3後輩を伸ばしている(助けている)姿勢を他の人が見て、それを評価する。

内容
1:若い人のセンスがやっぱりトレンドですよ。
いくら自分でいいセンスしていると思っても、なかなか周りは納得してくれません。
もし、本当にいいセンスしているなら、結果が出ているハズです。

2:後輩のいいところ、わるいところを見ることで自分の長所短所がわかるようになる。
その結果、長所を伸ばし、短所での減点を防ぐことになる。

3:意外に気が付かない人が多い第3者からの視点。
気が付いていると逆にいやらしい視点ですね。
あの人のところにいけば一生懸命やってくれるということで、グループとして大きくなっていくパターンです。
その人自身の器とみられることも多いです。

こんなメリットがありますので、ぜひ、今日の話題は、大目に見てやってください。

続きは次のページで!

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+