外見がモノをいうのはDJも同じ


おはようございます! 昨日、ブログを更新しましたが、その通り、今週は毎日いろいろな音楽話を書いていきますので、どうぞよろしくお願い致します。
先週の週末日記②になるのですが、日曜日は 「マニア会」 でした。


*主にこんなコンピの話がほとんど。

マニア会」ってのは、「マニア先輩+あきらっきー+吾輩でごはんを食べる」というお遊び会です。

主な活動
・食べる。
・最近買ったマニア音源の情報交換。
・最近Digったマニア音源の情報交換。
・大阪のマニアとの連絡や旅行等の計画等。

ひたすら遊びの話ですねw

そんなわけでして、秋葉原に集合し、肉を頂きました! 俺は超絶楽しみにしていたので「2ポンドステーキ」を!
*2ポンド≒900g

そこでもグダグダダラダラ音楽話を永延とつづけました。
そこで・・・ 爆弾発言がマニア先輩より出ました。

野村やあきらっきーは、服装がみすぼらしいから、信用できる
*もはや言いがかりw

半端無い迷言です。
全然、褒められてませんwww

これをマニア先輩の意図通りに訳すと

野村やあきらっきーは、服に金をかけてない分、音源掘ってそうで信用度が高い

という意味らしいのですが、全然、わからない世界ですよねwww
マジで草生えるわw。

どうしょうもないっすけど、俺も俺で確かに服には興味無いけど、普通にそれなりの値段の服着てるんだが・・・。チーンwww
そんな感じで、めっちゃこのパンチラインにやられてしまいました。
なんというか、切ない気持ちで一杯でした。

アニメヲタクなんかのヲタク関係者全般にいえますが、自分の好きなこと以外はどうでもいいというスタンスが、この結果につながります。

逆にいえば、

他の事にお金や時間、そして興味をつぎ込めないからこそ、真のマニアと評価される・・・。

言い過ぎですが、そんな理解もあるような気がしました。

同じような話で、こんな話題も出ました。

DJには2種類いる。
DJになりたいDJと、音楽が好きなDJだ。

どういう意味かといえば、DJになりたいDJはDJをしている自分が好きなDJで音楽よりもDJしている自分が好きな人で、やっかみとかではなく客観的に言ってモテたいとかちやほやされたい人が多い傾向があります。
もうひとつは純粋に音楽が好きな人が音楽を好き過ぎてDJになってしまった人ですね。

これは俺が言った話ではないので、俺も100%そうかな~とは思えない面もあるのですが、大体この傾向はあるかもしれません。

これが結構、俺の書いている「音源をもらってDJしているDJさん」と「自分で探して買っているDJさん」の違いにもあてはまるケースも多いので、そうかもしれないなと思いました。

まぁ、それがDisという話ではなく、分類したら別れる傾向があるよねwって位の話なのです。

これもまた、最初の話とリンクしていまして、「服装にお金をかけているDJさん」と「服装にお金をかけていないDJさん」に分類した時に、やはり、同じような傾向がみられるという話です。

何度も書きますが、DJになりたいDJをDisってるわけではないので、そこを勘違いしてほしくないですね。

俺は同様に、モデルDJや芸能人DJに対しても分類はする場合があるけど、そこを下にみるという傾向はありません。 芸能人DJでも普通のクラブDJさんよりも全然うまい人も多いし、プロ以上にプロの人もいます。 そんなことで評価を下したくはないのです。

これも反対の側面から見ると、DJになりたいDJってのはDJという行為が好きなのでDJがうまい人が多いし、逆に音楽が好きな人は知識はあるけれどDJ自体は大したことがないという人も多いわけです。

もちろん、両方兼ね備えた鉄人もまれにいます。
でもこの傾向はある程度の範囲で信憑性をもっていると確信してます。
ぜひ、周りのDJさんをチェックしてみてくださいw

自分がどうなりたいのかというのは自分の好きなことをよく理解していないとなかなかうまくいかないことも多いですが、日々少しでも精進していきたいな~と痛感させられた1日でした。

これもそうだけど新しい感性というか感覚というか価値観に触れるという経験はいつもと同じルーティーンからは得られないので凄く刺激になりました。

もうひとつ、経験したので明日にでもアップしますね。
俺含めおざなりになってしまっているDJさんも多いと思いますが、昔アメブロでも書いた内容と重複します。

でも、興味わく人も多いかもしれませんので、お楽しみに☆

*スポンサード リンク*

Hello R&B Freaks.
This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…
please wait for that day!

Regards,
djlotman

*↓↓ぜひポチっとお願いします↓↓*


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+