DJ Styleのいろいろ

先週いろいろあって、いろいろ考えていたんだけど、韓国のDJ FunnyともいろいろDJについて話をしたので書いておきます。

image

メモ的な感じかな。

DJって日本にはたくさんいるから、それは千差万別なわけです。

大別すれば、
PCDJ
CDJ
MP3DJ
レコードDJ

だし、
新譜
2000’s
90’s
Old School
Dance Classics

なんかもあれば、

R&B
Hip Hop
Soul
Funk
Rap

もあるし、

R&Bの中でも、

US R&Bとして、
NewJackSwing
Mid
Smooth Dancer
Slow Jam

なんかもあるわけです。

邪道といわれる、
UK Soulもあれば、キャッチーなEU R&BとかGround Beat、Ace Beatなどまで、本当に様々な種類があり、そのジャンルの数の累乗分、DJがいることになります。
注意)集合の基本から。

全てを極めるのは、流石に難しいと思いますが、一つのエリアでさえ、極めることも難しく、また時間が経過するに従って新しい旧譜の音源も発見されたりしています。

何を持って、極めるとするのかも人によってだと思うけど、どこも極めずに、幅広く行く人もあります。

それもまた集合で確認できるのですが、意外な盲点になる場合もあります。

特に、最近では、一つのジャンルに固執するよりも幅広くかけられるDJの方が簡単に評価されやすい傾向があるのかな?と感じました。

有名な曲を、ぽんぽんと放って意外なつなぎをみせたり、BPMを変えたりする方が、わかりやすいんだなと感じます。

俺は韓国でDJするまで、ここしばらく、一つのジャンル、と言うか自分の好きなジャンルに縛られ過ぎていたんだなと思いました。

今後も、雑多にレコードやCD、Mp3を買っていきますが、もう少し、有名な曲もPCに入れておこうと思いました。

マイナーな曲をかけると、物凄く、自分の世界観が出せて最高の気分になるのですが、同時に異空間になりやすく、好みが分かれ過ぎてしまうきらいがあります。

そこは、正直、ついて来れないなら仕方がないと感じていましたし、実際、俺のダメDJのプレイを聞いてよかったと言ってくれる人の多くは曲がよかったと言ってくれるに過ぎないからです。

これでは、全く、自分自身の成長は期待できないことになります。

俺はDJで飯を食っているわけではないので、どうでもいいような話ですが、やるなら、やっぱり、一生懸命やった方が楽しいし、残りの人生であと何回DJやるかもわからないのだから、それに向けて努力したいなと改めて思いました。

なので、これから、DJをやる機会があれば、もっと有名な曲をかけたいなと思います。

今日書いた、この内容を明日全否定する可能性は無きにしも非ずですが、この前韓国でやったDJのようなスタイルに移行しようかなと思いましたね。

そーんなことで、明日からDJスクール「ロトマンズ」が開講です。

*詳細はこちら*
【35歳以上限定初心者専門DJ School】

そのレポートも時間があればアップしていきますね^ ^

それでは、明日もマニアな!

ばいびー。

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。


R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

*スポンサード リンク*


This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman