バンコクのゴーゴーバーに行く前に知っておくべきこと


お疲れ様です。
最近は、特に、仕事って大変だなと痛感しております。

「世間は甘くない!」

と言われた友人を爆笑した学生時代が懐かしいです。

しかしながら、再就職してまだ1ヶ月しか経過してないんですよねー。
土日休みの割に、密度が濃過ぎてヤバいです。

アラフォーの中途は即戦力を求められるのは当然だと思うけど、多少の研修とかあっても良かったような気がしますが、結局、既に他のベテランと同じことをやらされているとか大草原ですよ。

バイトしてるより、3倍は稼げますけど、金より時間とかゆとりの方が大事な気がします。
でもな、またバカにされて、イラッとするならこのまま少し頑張ったほうがいいかもしれません。

遅くとも18時には仕事終わるしな。
年始もレコ屋と同じくらいはとりあえずあるので、来年の試験に向けて頑張りたいと思います。

頑張っているみなさんは、ぜひ、一緒に頑張りましょう。

さて、そんなお疲れなLOTManは、疲れてしまったので、クソ記事を連発したいと思います。
女性の方には大変申し訳ありませんが、こちらにも色々と事情がありので、見ないでくださいね。

もし見ても、そこはスルーでお願い致します。

*スポンサード リンク*


バンコクのゴーゴーバーに行く前に知っておくべきこと

さて、今週は、バカやろうに送る「バンコクのゴーゴーバー」について書きたいと思います。
ゴーゴーバーに行く男は地獄に落ちますwww

ゴーゴーバーとは?

*参考*後で読んでね!
Wiki:ゴーゴーバー


いきなり如何わしい話で恐縮ですが、ゴーゴーバーとは、いわゆる、お立ち台で踊り、ゴーゴーダンサーとして客引する主に東南アジア諸国の娼婦がたむろしているバーを言います。

従いまして、見た目は同じですが、多分、日本のクラブの「ゴーゴーダンサーとは、意味合いが全然違う」のを理解してください。

日本で、ゴーゴーダンサーが娼婦なんて言い出したら、間違いなくトラブルになります。

「てめえ、舐めてんのか、コラ!あーん?」

と言われること必死。

まあ、東南アジアふくめ、海外の場末感満載なゴーゴーバーだと、踊ることすらしないゴーゴーダンサーも多いです。


会ったら直ぐ!
2秒で連れ出し!

そんなレベルの勢いで彼女(彼氏及びたまによくわからない)が迫ってくるバーです。

なので、彼氏・旦那・彼女・またはその中間管理職の方がバンコク出張してくるね!と元気よく言った場合は、間違いなく黒なのであまり追及はしないであげてください。

帰国後、「あまりつば飛ばさないでよ!病気が移るじゃないwww」と言っておけばOKです。

タイ人が可愛い、イケメンだと思ったら、予想の斜め上を行く整形を疑え

前項で学んだように、日本のゴーゴーダンサーとはまるで違う性質の売春婦が迫り来るバーが、ゴーゴーバーですが、バンコク含め、売春婦のみなさんは整形大好きな方も多くいらっしゃいます。

整形は国益


特に、微笑みの国タイランドでは、世界有数のレィディボーイakaシーメールorニューハーフ大国ですから、金さえあれば、佐藤のごはんレベルで「玄関あけたら2分で整形」します。

ですので、「あー、可愛いな」とか「イケメン!」なんて勝手に恋する5秒前の皆様におかれましては、イク前に、「本当にコレでいいのだろうか?」「本当に、後悔しないだろうか?」と、自問自答していただくことをおすすめいたします。

買春が国益なら、整形も国益じゃないですか!
だって、そうでしょ?
かわいいは正義なんです。

と力説されても、わかるような、わからないような、俺はそのテンションじゃないですから・・・。

バンコクナイツあるある #噂の真相


よくある話ですが、

「今夜は、良い夜だったな!」

と思って、「まだまだ現役じゃ!」と満足感に浸った後、ふとした瞬間に、「まさか、そんなはずは無いよな?」と思う方もよくいらっしゃいます。

そうです。

「あの時感じた AHAH 予感は本物」
「ああ、今、私を動かすのはダイアモンド」

と俺の大好きなブリブリも言っています。

アウトです。
完全にアウト。

悪い事はしてなくても、アウト。
ブラウン管じゃわからないこともあるんです。

でも考え方によっては、素敵なコレクションですよね。
そう思いなおして、この曲をアナタにささげたいと思います。

バンコクのゴーゴーバーは50:50(ヒィフティヒィフティ)

とある少年の昔話を書いておきましょう。

ある少年が、ここではXとしておきますか。
少年Xが初めてバンコクに行った時の話です。

バンコクはどんなところなのだろうか?
と少年Xは楽しみに、空港からバンコクに向かいました。

少年Xは飛行機の中で「D18 地球の歩き方 バンコク 2018~2019 (地球の歩き方 D 18)」を熟読していました。

この本には、バンコクの遊ぶところはもちろん、危険・トラブル例まで載っています。

例えば、タクシーでバンコク市街に向かうとたまに金銭チップで揉めることがあるとかです。

まんま同じ例で、少年Xはタクシーの運転手とモメました。
その結果、シートを蹴っ飛ばして双方が何を言っているのかわからないまま、バンコクの市街で場所もよくわからず、降ろされました。

少年Xはそこがどこだかわかりませんでした。
タイ語も読めません。

人もまばらで現地人ばかりでした。

少年Xはコンビニを見つけて、入りました。
そこで、タクシーを連発し、必死にアピりました。

その結果・・・

僥倖!!!

トゥクトゥクの運転手がコンビニに入ってきました。
なんとういう幸運。

すぐに地図を見せてホテルまで送ってもらいました。
少年XのホテルはNANAという駅の近くにありました。

ホテルについて荷物を置いてから、すぐに伝説のNANA PLAZAに向かいました。

NANA Plazaはこれでもかというくらいにゴーゴーバーが集まっているソニープラザのような風俗ビルです。
恐らくは、ソニプラをもじってナナプラになったと伝説では説明されています。
*そんなハズはない

少年Xはあまりの後継に目を輝かせて、いろいろな子部屋にあるゴーゴーバーを見て歩きました。
そして、ついに天使を見つけてしまったのです。

少年Xは飲めないビールを頼み、天使を見つめました。
すると奇跡が起きました。

2秒で連出しです。

ここまでバンコクに到着して3時間。
バンコクって最高だなと思った瞬間でした。

ええ、あの天下のCKBも歌っています。

タイってすげえな。すげえな。
説明できない喜びが身体を駆け巡る・・・(RY

2 Weeks Later…

帰国のタクシーの中で、運転手と話になって、レディーボーイの話になりました。
そこで、衝撃の事実が発覚します。

タクシーの運ちゃんがこう言いました。
「あ~、ナナプラのあたりは、50:50だな。やけに綺麗なレディーボーイも多いから、わかんねーよ」

少年Xの胸は張り裂けそうでした。

あの天使がまさか・・・。
いや、そんなはずはない。

そう思う事7時間30分。
気が付くと、少年Xは帰国していました。

という伝説がありますので、大人の皆様におかれましても、また、淑女の皆様におかれましても(バンコクにはゴーゴーボーイというのもある)、要注意でお願い致します。

ゴーゴーバーに行くような男はいつか必ず地獄に落ちるというブログを読んで


俺が良く読んでいるブログに、不労所得のみで生きていくために孤軍奮闘中というブログがあります。
こちら、のんびりやさんという方が書いている、非常にストレスから解放されるブログです。

そののんびり屋さんが書いた記事、「ゴーゴーバーに行くような男はいつか必ず地獄に落ちる」を呼んで激同しましたので、感想を書きたいと思います。

日本では違法だけど、合法の国も多い


バンコク始め、オランダ等は合法です。
どこの国でもかならず、1回は見にいきますが、実際に入るのはかなりはばかられます。

危険なオーラ全開なエリアも多いんですよね。
日本でもレペゼンロトレコの西川口や比較的近い池袋・新宿等では「立ちんぼ」のみなさんが居らっしゃいますが、独特の毒々しさがたまらない魅力に映ります。

中国の映画ではよくあるシーンですが、「酔いが覚めたら墓場にいた」みたいなね、そんな感じです。
それでも男はバカだから行ってしまうんです。
そして、案の定、食われて死んでしまう。

まさに、これが人生の縮図なんですよね。
この話のもっと強烈な話が読みたいなら、これです。


*1クリックで読めます

俺も全号読破しているほど大好きな雑誌ですが、これを読むと風俗とか行きたくなくなりますね。
泥沼に性病で死んだ売春婦を放置してるのを目の当たりにしたまま、普段の生活をしていくほど根性がありませんからね。

人間、一番ヤバいのが環境です。
環境は自分で変えられますが、気が付かないと変えられないんですよね。

酒を飲んで遊んで、若い時はそれでよかったかもしれませんが、ある日何か降りてくるんですよね。
もういいやみたいなやつが。

そんなことを漠然と考えていると遊ぶのも面倒になっていくのは年なのでしょうか。

日本の方が安くて綺麗で安全


それにそもそもバンコクと比較すると、日本の方が安くて綺麗で安全です。
何がという話は書きませんが、俺は従兄のとちくんに騙されたことがきっかけになって、更生できた面は否めないので、人生万事塞翁が馬だなと思うわけです。

バンコクの売春婦の相場7000円を払うなら渋谷に行ってみましょう。
酒飲んで遊びたいなら、錦糸町がおすすめです。

売春街を見て回るという趣味


ジジイになると、売春街を見て回るとい趣味がでます。
世界中のいたるところに売春街は存在します。

そして、クソドープです。
不良も沢山出てきます。

都内なら少しまえの新宿・池袋が見物には最高でした。
韓国なら588
シンガポールならゲイラン
台湾なら龍山寺

アメリカ・ヨーロッパでも無い国は無いレベルで存在します。

普通に考えれば、良くないことなんですよね。
それを行くのは、バカやろうなのです。

ダメということをすると地獄に落ちる。
そんな気がします。

今の時代は、異性遊びよりも楽しいことが沢山ある


ゲームを理由に、異性と遊ぶよりも、というか、そもそも他の人と関わるよりもですね、面白いことが沢山あるわけです。
俺の場合は、ロトレコなんでしょうね。

ロトレコをやり始めてから、ぱったりと遊びに行かなくなりました。
たまにいけば、昔を思い出して、面白かったなとか思い出す程度ですが、それよりも、何か作業しているほうが面白いんですよね。

夢中になれる何かが無い人が、風俗とか女の子遊びとかにハマっていく気がします。
女の子もそうなんじゃないのかな。

DJでモテたいという人もDJでモテたあと、どうしてるんでしょうね。
モテて遊びまくりで、金でもむしってるのかな。

むしって1000万とか貯めてたら鬼だな。
しかし、そういう人気ゲームでもあるのがクラブ遊びなので、仕方の無い面もあるのかもしれませんね。

そういえば、昔仲良かった不良が言ってましたが、「地獄に落ちるのは確定だから、閻魔上等」だって話。
ここまで腹をくくってるなら、檻に入れられても、誘拐されてもしょうがないと諦められるのかもしれないけど、やっぱり、最後は、後悔するような気がしますね。

バンコクのゴーゴーバーに行く前に知っておくべきこと まとめ


*なかなか興味深いですが、彼女も地獄行でしょうな。

確実にバンコクでゴーゴーバーに入ったら、地獄に落ちるでしょうな。
折角日本で功徳を積んでいるなら、酒でも飲んで楽しみましょう。

でもな、好きでゴーゴーバーでバイトしている人や趣味で売春している人も多いからな、日本より豊かなんじゃないかなと思ってきたよ。

出会いって難しいですね。
こんなバカげた話を一生懸命書いてますが、売春街を歩くのは結構面白いですよ。

特に彼女とか奥さんと一緒だと刺激的な気がするのでおすすめです。
二度と行きたくないと思うかもしれないし、怖いもの見たさの女性も多いですからね。

衝撃的なのは置屋でしょうけど、パンチ力あるので、ほどほどに。


LOTMANは売春行為を国内外でしませんし、奨励しておりません。

*アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは隔日22時22分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。
気が付いたら200人突破wwwLotmanのYouTubeチャンネルはこちら!

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+