千葉で活躍中のDJ NOOOOPYさん自作Re Editを考察する


こんばんわ。
新しい企画炸裂しましたねー。

まさかの一番手は、DJ AKIRAではありませんでした。

以前、「勝手にリミックス、自作ReEditについて、どう考えているのか?」という内容のご質問を頂き、タイミング良く、MFF Dance Vol.5が出来上がったので、特集を組ませて頂きました。

その特集のきっかけは、検索結果なんですが、実際に質問を頂いたのは、DJ NOOOOPYさんからでした。

そんな中、実際に作った自作ReEditを送って頂きましたので、本日はご紹介したく思います!

*参考*後で読んでね!
DJ RemixとかRe-Editの作り方について考える

*スポンサード リンク*


千葉で活躍中のDJ NOOOOPYさん自作Re Editを考察する


そんなこんなで、実際にリミックス、リエディットを送って頂きましたので、勉強させて頂きましょう。

DJ NOOOOPYさんについて

少しだけの情報しかチェックできてませんが、わかる範囲でご紹介させて頂きますね。

DJ Name

DJ NOOOOPY (ヌーピー)

DJ INFO

HipHop,R&Bを中心としたプレイが得意で、千葉県は成田を中心に活動しているDJさんです。

SNS

Twitter:https://twitter.com/dj_noooopie
Instagram:https://www.instagram.com/dj_noooopy/
Mix loud:https://www.mixcloud.com/dj_noooopie0513/

Web上で得られた情報をLotmanが勝手に集約しているだけですので、実際の情報は本人にお問い合わせください。

Faith Evans, The Notorious B.I.G – When We Party (Ft.Snoop Dogg)/ Coolio – 1,2,3,4 (Noooo[ヌー] Edit.)(105-115)

早速聞いてみましょう♪

DJ NOOOOPYさんによる自作ReEdit解説

今回のre-editはワード繋ぎを利用してBpm105のWhen We PartyからBpm 115のCoolio – 1,2,3,4へPitchを上げたTransitionみたいな物にしました。

気をつけた点は、1,2,3,4への曲の変わり目、できるだけ違和感が生じないようにし、Originalの良さが消えないように、When We Partyに1,2,3,4のinstから抜いたドラムとスネアの音のみを被せて作った所です。

FaithEvansのWhen We Partyで、Snoop DoggがラップするAin’t no party like a westcoast party cuz i …のワード

これは昔Coolioが1,2,3,4で使ったワードだったんですが、どうしてもこのワードを使ってNew WestなサウンドのWhen We Partyから、ノリのいいFUNKな曲調の1,2,3,4へガラッと持っていくRemix Editを作る事に挑戦したいと思っていました。

今回クオリティ高くは作れませんでしたが 現場で使うには十分な物ができたかなと思うので、どんどん使っていこうかなと思います。

djlotman の感想

折角頂いた内容について、何もコメントしないのもアレなので、残念ながら、偉そうに感想を述べさせて頂きます。

まず、最初に言いたいことは、

今回クオリティ高くは作れませんでしたが 現場で使うには十分な物ができたかなと思うので、どんどん使っていこうかなと思います。

本当に、これが、素晴らしいと思うことに終始します。

100点の内容なんて、プロ中のプロでも、なかなか難しいのに、最初の一発目で満足いく内容なんてできるはずがないと思います。
例え、その出来が40点でも作り上げて、使ってみることが大切だと思うのです。

実際にやってみて得られる情報と、想像だけで得られる情報には大きく差がありますし、ひとつのとっかかり、叩き台ができます。
そこから、次、どうするのか?

これが大事ですよね。

収斂という、まさにトライ&エラーの世界ですが、初心者ほど量で理解していかないとなかなか基本が身につかない面がありますので、NOOOOPYさんはこの先もガンガンやってくれそうだなと思いました。

次いで、内容ですが、初挑戦したものが、リミックス、リエディットの中でも難易度の高い、Transitionという、途中で速さが変わるもの。

そして、違う2曲をミックスして作り上げています。

あまり知識が無いと、「ただミックスしただけじゃん」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、ご本人の解説通り、「ワード」つながりによるミックスになっており、ここのつながりがあるからこそ、リミックス、リエディットであると言えるわけです。

途中でBPMが10上がるTransitionをもっているというのは、DJ中の武器としてはかなりデカいですよね。
R&Bから早めのNJSや、もう少し早いならHouseや遅めのEDMにも繋げるし、爆裂ミドルでも対応していけます。

これを初めての経験にしたのは、DJプレイ重視だからこそ、現場の需要有り気だからこそな気がしました。
かなり面白いリエディットになっていて、例えばそれが未熟さを感じるとしても、逆に味があるリエディットになっていると思いました。

千葉で活躍中のDJ NOOOOPYさん自作Re Editを考察する まとめ


*アマゾンさんでは品薄。

実際に作ってみた感想まで頂きましたが、次回は、実際に使ってみた感想を是非お聞きしたいなと思いました。
あと、もし、改良するならどうしたいかとかも面白いですよね。
引き続き、ご連絡をお待ちしております。

さて、最高の記事内容になりましたが、

「もし、俺ならこの2曲でどうするのか?」

ってのもなかなか面白い話になりそうですよね。

次回動画を撮ったりしてみて、実際にリエディット、リミックスしてみたをやってみたいと思います。
ぜひ、楽しみにしていてください。


*ロトレコ冬の大セール開催中!画像をクリックでリンクスタート!!

*アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは隔日22時22分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。
気が付いたら200人突破wwwLotmanのYouTubeチャンネルはこちら!

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+