DJ Schoolに通うメリット・デメリットについて


こんばんわ。
今日もいろいろあったけど、人生というのはいろいろあるものなんだ!
仕方がない。

そう割り切れたら、どんなに楽なのか。
と夢見るおじさんじゃいられない、中高年のLotmanです。

昨日もクソな話を真面目に書いてしまいましたが、昨日の話は、「なるほどな~」と思っても、「レペゼン社長が凄い人」であるかはまた別の話なので、気をつけてください。

よくある話ですが、「大会社にお勤め≒凄い人」とか「大きいイベントに出ている≒凄いDJ」と同じですよ。
この話をするとまた偉い人からにらまれてしまうので、やめておきます。

*スポンサード リンク*


DJ Schoolに通うメリット・デメリットについて



過去にこの話を書いているようなきがしますが、検索しても出てこなかったので、改めて書いておきますよ。

独学でDJにはなれないのか?


結論から言います。

独学でDJになれます。DJ Schoolにいく必要はありません


これ、正論だし、今でも、DJするのにSchoolingするのはオカシイという人もいるくらいです。
でも、この考え方は、ピアノを弾くのにSchoolingする必要があるのかとか、作曲するのにSchoolingは必要なのかという質問にも似てるし、もっといえば、勉強するのに、Schoolingは必要かという話にもなります。

なので、上手くなりたい人がDJ Schoolにいく必要はあるのか?という質問だととらえ直すべきかと思いました。

上手くなりたい人がDJ Schoolにいく必要はあるのか?


まさにこの質問、本当に難しいですよね。
パワーレベリングという上達方法がありますが、レベルの高い人に引っ張ってもらって、自力で練習するよりも早く、レベルを上げる方法があります。
なので、DJ Schoolの先生のレベルが高ければ高いほど、早く高いレベルになることが可能です。

しかしですね、これには落とし穴もあって、どの世界でも落ちこぼれはいるんですよ。
8対2の法則の通りに、2割は落ちこぼれます。

なので、自分にあったSchoolを探すことが肝要です。

DJ Schoolに通うメリット



簡単に、メリットを書いてみます。

わからなかったことがわかるようになる


一番は、知識でしょうね。
技術面や選曲面含めて、経験がある人と無い人では、まったく違うものであると言ってもいいです。
特に、DJ経験がある人と、ただ音楽が好きなだけで音楽を聞いている人、コレクターとでは、音楽の聞き方も大きく変わるので、DJとしての音楽・曲の知識はDJやらないとつかないかもしれませんね。

仲間ができる


2番目はこれが大きいですよね。
俺のように、孤独耐性が高い社会からはみ出している人には、意味が無いですが、自分一人でやっていると飽きてしまう傾向があります。
そこで、同じ目標を持った仲間ができるというのは非常に大きな強みだし、かけがえのないものですよね。
この業界、裏切者も多いですが。

練習時間が確保できる


都心等に住んでいる生活環境や、仕事の時間等含め、時間的な問題もあり、DJ練習する場所や時間を確保することができます。
機材を持っていないDJもたまにいますからね、そういう意味でもDJ Schoolにいくメリットはありますね。

コネができる


あまり期待できない、下位のメリットになりますが、先生が凄いと良いイベントをガンガン紹介してくれます。
行くのであれば、小さいSchoolよりも、大きいSchoolのほうが圧倒的にコネが違います。
コネのために、Schoolingに行きなおす人や、凄い人などは専門学校に通う人もいるくらいです。
プロを目指すのであれば、やっぱり、しっかりした体制のあるSchoolingを選びましょう。

凄いDJになったような気になる


初心者あるあるですが、DJができても何も凄いことはありません。
たとえば、それがプロでもです。
なぜなら、職業に貴賤無しというではないですか。
DJで食っていこうと、職人で食っていこうと、大会社のサラリーマンであろうと、公務員であろうと変わりません、仕事は仕事です。

そこを勘違いして、「DJ=すげええええええ」と思いこんでる人が多すぎます。
でも、確かに、凄いDJは本当に凄いですけどね。
そんな人、DJ大国日本に100人もいませんよ。

DJ Schoolに通うデメリット



これがね、あまりないんですよね。
考えてみて、こんなものでしょうか。

お金がかかる


何かを学ぶなら、金払えよ!
当然だよ!!

と思いますが、相場は入会金1万円、教材2万円、月額会費2万円が相場ですね。
鬼タケエよと思いますが、真剣にやりたかったら、安いのかもしれません。

入ってみるまで、先生と合うかわからない


これは正直大きいですよね。
やってみないとわからないリスク。

最近は体入無料のところもあるようなので、お問い合わせするといいようです。

たたき上げのDJから軽く見られる


意外にあると思います。
今から20年、30年前の話ですが、当時はDJ Schoolなんてものはなく、クラブに行って恥じをかいて覚えるという面もありました。
しかも、下手だから良い時間にDJなんてできるわけもなく。

そういう時代を乗り越えて来た人達からすると、「え?DJ School?お金払ってるの?」とびっくりする人も多いようです。
その結果、「ただでできることにお金を払っている」という見下し感がでるようです。

ただね、時代は進歩してるので、今ではDJ Schoolに通うのはお稽古事なので、普通ですよ。
小さい無名の先生が教えて卒業生○百人なんてところも多いですからね。

言いたい人には言わせておけばいいのです。
DJの世界は完全に実力主義、現場でパワープレイを見せつけてやってください。

とここまで書きましたが、さらに言われそうなのが、「DJ Schoolに行ってたDJって下手クソ多く無い?」というアレです。
そもそも、下手だからSchoolに行ってるわけだし、初心者がいきない上手くなるわけないじゃない。

そういうことをいうひとは、小学生に喧嘩を売ってるバカ野郎です。
相手にする必要はありません。

DJ何十年もやってるというのは、DJにおいて成年しているようなものです。
それを0歳の子供に向かって、そういう対応するほうが問題ですよ。

中高年になって、DJ Schoolに通いたい人へ



俺のところにも相談に来る人もいますが、中高年でもDJを始めたい人は多いです。
特ににこういう時代ですからね、ぶっちゃけ、言ってしまえば、「仕事改革」よりももっと大きな波が来て、「仕事革命」のようなことが起きて、「え?まだ仕事してるの?www」となってしまうこともあるからもしれないですからね。
YouTubeが仕事と同レベルの話で。

中高年になってDJ Schoolに通うのはキチガイじゃない


よくある話です。
趣味の無い、孤独な中高年ほど寂しい老後はないですよ。

弧舟という本を是非、読んでみてください。
行く当てもなく、家では邪魔扱いされ、生きている意味がありますか?

無趣味な人はコレクターか、DJになったほうがいいですよ。
60過ぎの爺様でも、どこどこ派~とか、その踊りは六本木だね?とかやってますよ。

教えてもらって、遊びにいくといいと思います。

より上手くなりたいなら、レベルの高い先生がいることとやる気のあるDJが集まるところがオススメ


DJをある程度やって来て、大きくレベルアップしたいと考えているDJがスクールに通うこともあります。
これがパワーレベリングの効果ですよ。

自分でこれ以上上手くならないと感じたら、上手い人から教えてもらえばいいんですよ。
周りにうまい先輩がいる人達は、そういうことをしないでもいいですけど、俺のように孤独なぼっちDJは上手くなろうと思っても限界があります。

だったら、金の力で解決です。
お金は持ってるだけじゃ、安心しかくれませんよ。

使ってなんぼなら、生きたお金をつかいましょうよ。
キャバ嬢に奢っても良い気分なのは精々40分だけですよ。

中国人のことわざに、「自分にお金を使えば取られることはない」というのがありますが、中国では人の命がめっちゃ軽いので、すぐ殺されます。
ドラマを見ていてもそうなのですが、だったら、自分に最初に使ってしまえという発想なようですよ。

自分に使えば、盗まれることももうありません。
一生自分のものです。

海外のDJ Schoolも視野に入れたほうがいい


俺も最近考えているのが、これです。
日本でDJSchoolに通うのも考えていますが、なかなかいい場所にも無いんですよね。

最近ではスカイプで教えてくれる家庭教師もいるようですが、あてにならなくないですかw
しかも、日本でSchoolingにいくと前述したように結構かかります。

入会金等初期費用5万に毎月2万です。
これが、海外だと、10回で2万前後です。
10軒くらい調べたので相場がなんとなくあるようです。

若い人や時間がある人は1か月ほど時間を取って、海外のDJスクールにいくというのはありかもしれませんね。
まぁ、旅費やホテル代等を考えると、バカ高い結果になりますけどwww

DJ Schoolに通うメリット・デメリットについて・まとめ



*画像をクリックするとアマゾンにリンクスタート!

いろいろ書いて来ましたが、DJSchoolはメリットの方が断然デカいです。
先輩がいる人は、先輩や友達に教えてもらえばいいけど、教える方も大変だからね。
そのあたり配慮してあげてください。

しがらみが嫌いな人はやっぱり、スカイプ等でもやってくれるDJの先生を探すべきですね。
俺もDJSchoolを何年かやってましたが、面倒臭かったです。

安過ぎたからなんでしょうけど、俺のDJスキルでは1時間1000円くらいが限界ですね。
それなら他のことで金稼ぐか寝てた方がいいような気がして辞めましたが。

半年もやってると生徒が10人くらいすぐになるので、1人2万なら20万で、会社生活からドロップアウトできますね。
良い商売ではないでしょうか。

ということで、DJやろうかどうか迷っている人に最後にいいたいことは、迷ってるくらいなら辞めたほうがいいということです。
時間もお金もめっちゃかかるし、しがらみはあるし、大変なことばかりです。
それでも、音楽が好きなら、DJって最高ですよ!

こんなに面白い趣味はないかもしれませんね。

アマゾンプライム会員なら送料無料・アニメ等の動画も結構無料

アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。
気が付いたら150人突破wwwLotmanのYouTubeチャンネルはこちら!

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+