韓国でのDJLog Itewon232 & Hongdae Slow All Black Party LOG


お疲れ様です。
そう言えば、という話ですが、韓国の旅行記をサクッと書いておきながら、時間の関係で俺のDJプレイのログAKA反省を書いていませんでした。

安いアクションカメラだったこともあり、クラブで音割れが生じていて上手く取れなかったというのもありますが、俺以外にカメラマンがいないもんで、俺のDJしている写真とか俺のDJプレイに関する情報がなかったというのもあって、完全に反省をするのを忘れていました。

このブログを始めて、いろいろなイベントやパーティに出させて頂いてもらっていますが、必ず、告知とLogは残しています。
その結果、俺のDJがうまくなったかと言えば、そんなことも無いのですが、その時々で、方向性が結構ズレていっているのがわかります。

だもんで、今夜もしっかりLOGを残しておきたいと思います。

*スポンサード リンク*


韓国でのDJLog Itewon232 & Hondae Slow All Black


野村さん、いつも楽しそうですね!

ってよく言われます。

「バカ野郎!楽しいのは、俺の顔だけだっ!!!」

って話ですが、韓国は毎回面白いです。
というか、海外でフラフラしているのは本当に最高です。

昔、DJ Teraさんが、「海外でDJできるなら、国内でもうDJしなくてもいい」と言っていたのがわかるような気もします。
その話は、またいつか記事にするにして、今夜は、DJのログを書いていきますので、少しお時間ください。

*参考*後で読んでね!
韓国でDJ旅行をしてきた。- 第3回 –
気が付いたら150人突破wwwLotmanのYouTubeチャンネルはこちら!

Candy Rain at Slow All Black Hongdae 20180511



金曜日についた夜、オールナイトでイベントが弘大(ホンデ)であった。

Guest DJは、Sugar_SukuyelというレゲエDJ(セレクター)さんだった。
Funnyとタクシーが捕まらず、グダグダしていたことで、DJプレイの時間が遅れた。
それも1時間程度。

その結果・・・

俺のDJプレイの時間が無くなっていたようだwww

今回の俺のプレイはB2B!


前回、大盛り上がりしたこともあり、前回遊びに来てくれていたお姉さんも少しだが来ていたようだった。

*参考*後で読んでね!
韓国ソウルでDJをしてきた! – 第2回 –

そんなこともあり、本当のGuest DJがレゲエということもあり、俺のDJはFunnyとB2Bだった。

*参考*
バック・トゥ・バックとは、2人のDJが左右のターン・テーブルを片側づつ担当し、1曲ごとに、交互に曲をかけて行くプレイ方法のこと

こういうとまたややこしい話になるのだが、綺麗なお姉さんが集まるクラブでコテコテのレゲエは、正直、厳しい面は否めなかった。
ただ、Gust DJがもの凄い人で、半端無くて、スキルとかじゃなくて、バイブスというのかな、俺は人間性だと思ったけども、お客さんが減っていっても自分のプレイ、自分のSHOWをしっかりとこなしていた。

その結果、また少しお客さんが戻って来るまでになった。

このCandy Rainというイベントについて最初に書くべきだったが、このイベントは韓国唯一と言ってもいいかもしれないが、R&B Partyである。
韓国では、2年前にも書いたように、未だ、R&Bは流行っていない。
しかしながら、少しづつ権利を得ているように思う。

それは、インスタでも俺のFollowerの方のアップしている曲を見ているとR&Bが増えて来ていることからもわかる。

このようなR&B好きが集まるイベントにも関わらず、レゲエDJをゲストDJとして迎えて、パーティーを行っているだから、ゲストで呼ばれたSugar_Sukuyelもある程度の困難は予想していたのだろう。

ただ、彼に関していえば、韓国No.1 Reggae DJの一人という位、有名なDJであるということも書いておこう。

そんな事前情報も無いまま、俺も彼のプレイを見て、発狂したし、最高だと思った。
それがわかるのは、彼のDJの中盤で、DJ中にカバーし始めた時だった。

帰ってしまった女の子は非常にもったいないことをしたなと思いながらも、この空気で俺のキライなレゲエを続けるのは厳しいと判断し、俺は早々にレゲエから遠ざかることにした。

で、Sugarと変わって、FunnyとB2Bに入ることになったわけだが、上記のように、レゲエをカットしたい俺はさっさとR&Bに持ち込んだ。
すると、Funnyはまた、Reggaeに持ち込む。

これをずっと何度か繰り返しているときに、「どうあっても、俺にR&Bを流させない気なんだな」というのがわかり、「Fine!」と思いながら、フィリピン産の有名曲のレゲエカヴァーと日本盤のみで出ているレゲエカヴァーでひたすら、R&Bレゲエを連発した。

その結果、やっぱり女の子ウケは最高だった。
正直、Funnyは何を考えて、レゲエにしたかったのかわからないままだった。

1時間のB2Bを終えて、終盤に入ると、HunterとMonogramが今度はB2Bを開始した。
この時間はすべて、R&Bだった。

新譜や旧譜、K-R&B等、Classicのかけ放題で、みんなが合唱していたし、踊りまくっていた。
なので、俺は、やっぱりなんで、Funnyがレゲエにこだわっていたのかよくわからなかった。

5月11日はBob Marleyの命日


帰国後、仕事をしていて、わかったのだが、この5月11日というのは、ボブマーリーの命日で、どうしてもレゲエ尽くしで行きたかったようだった。
だったら、早く言ってくれよと思ったよ。

俺もレゲエは嫌いだが、100曲程度かそれ以上は入っているし、Loversは好きだから結構持っているので、音源を落としていってもよかったし、新旧問わずコレクションはあったからな。

いくら有名人だからって、命日まで覚えてないわ。

イベント終了後、結局、泥酔してしまった人が多数出たので、少しだけお世話をして解散した。
泥酔者が出るというのは、Happyだということだ。

俺も始めて韓国でDJした時はうれしくて、うれしくて楽しすぎた結果、倒れたし。

*俺が倒れたItewon駅のとある場所

*ここを聖地と名付けて巡礼して来た。

このように、人間、楽しければ倒れてしまうのである。
それは、反省するも、数年経過したら、最高の思い出に昇華する。
させねばならぬのだ。

Itewon232



ちょっとした機材トラブルかと思ったら・・・


晴れ男のLotmanのチカラをもってしても、雨だった。
なんでだろうな?

この日はのんびりしていたので、Funnyと合流が遅れ、俺だけ先にInすることになった。
其の結果、早めにInして機材をチェックすると、音が出ない。

マジで困ったわと思っていたら、オーナーが来てボリュームが上がっていないだけだと教えてくれた。
本当に申し訳ない。

俺も他人の高級機材だからか、慎重になりすぎていたようだ。
アンプ類は音を出す時に注意しないいけないとDJ始めたころ、Familyの人が教えてくれたし、先輩が某クラブで針交換で失敗し、アンプを壊して弁償したことがあるので、慎重になる。

それが今回裏目に出たわけだが、壊さなくてよかったと思った。
トラブルは避けたいよな。

そんな感じで、スタートした。

232はお洒落過ぎるくらいお洒落なバーなので、BGMに徹することに決めていた


前回、ミキサーの件でなれるのに時間がかかってしまったことを覚えていたので、House Setのようなつなぎ、Mixを予定してたこともあり、かなりスムーズにMixしていった。
ところどころ、曲を忘れていて、腐った場所でMixしてしまったが、気にしないようにした。

こういういい加減なところが、大宮ギャラクシーでは評価が最悪になったのだろうと自覚しているが、練習していない結果、どうしても定盤曲をミスってしまいがちだ。
反省すべきポイントである。

ここも、Funnyと30分づつの交代で3回ほどプレイした。

俺は最初、90’s R&Bのど真ん中あたりと、Neo Soul的な曲、オトナっぽい曲をかけていった。

例えば、こんなやつ。

After 7 / I want You


Faith Evans / Again Remix


Tevin Campbell / I’m Ready


前回、全くSoul Barという選曲ではなかった件を反省した結果


こういうお洒落な選曲を意識したのは、前回の反省があったからだ。
俺は前回お店に行く前に、Funnyから「Soul Barなので7インチでSoulをかけてほしい」と言われていた。

その結果、俺は20万円ほど7インチを購入した。
そう、前回のSeoulでDJするためにな。

結果、来てみたら、Funnyがかけているのは、Soulではなく、Stand By MeなどのOldeiesだった。
Prety Womanとか、そういうものや有名な曲をかけたいた。

俺のプレイの時に、Got To Be Realをかけたのだが、クソうけなかったし、場違い度も半端無かった。
韓国人と日本人の意識の差で、Dance ClassicやSoulという概念が違うのかと思ったほどだ。

その後俺は彼と何度も話しているうちに、この結論にたどり着いたので報告しておこう。

多くの人がSoulだと思っている、Free SoulはSoulではない


これ、意外にわかっていない人が多い。

俺もよくわからんが、SoulとFree Soulは別物だ。
本物とコピーくらい差があると思ったほうがいい。
真剣にSoulをかけている人に迷惑をかける位違う。

と、Soulに関心が低い俺が言っても説得力がないのだけれど、とにかく、そういうものだ。

R&B Houseをかけたら、Funnyも韓国のDJさんもビビっていた件


いずれにしても、そういう流れで、俺は前回の反省を活かし、おしゃれな選曲をしたいたら、Funnyが今度はHouseに持ち込んだので、そこからずっとHouseだった。
Funnyはレコードで、俺はPCだったので、Funnyに合わせてやらないと、また、フェードアウトで結局Houseに戻るのが目に見えていたので、彼のプレイになぞっていくことにした。

その結果、俺が選んだのは、90’sと2000’sのR&BのHouse Verであった。
これは、響でEDMが受けない場所でも滅茶苦茶な威力を発揮していたし、それ以前、10年年前とかギャルがいるクラブやパーティでも大活躍していたジャンルであり、R&B好きなら、2000年代前半に流行ったR&B Houseブームを覚えているだろうが、DJ KOMORIさんとかもMixTapeでHouse Verのものを売っていたほど人気があったほどだ。

そういう、日本の昔の流行を再現したわけだが、韓国のDJはこういう面までDigっていないらしく、というよりも、FUNNYはまだ昨日今日DJ始めたような面があるので、どうしても知識が及ばない点があってしかたないが、びっくりしていた。

EDM全盛期でも何度も書いてきたが、R&BのHouse VERは本当にうけがいいのでオススメだ。

韓国でのDJLog Itewon232 & Hongdae Slow All Black Party LOG・まとめ



そんな感じで、無難に40点くらいで、俺の韓国でのDJは終了した。
DJしたといえるのか謎なレベルくらいのものだったが、経験として、今までやってきたことはそれほどズレていないというのと、これをかけたらこのくらい盛り上がるだろうというのは予想できていたので、こんな感じだろうなという感じだった。

ただ、毎回ながら、Funnyの手厚いサポートと232のオーナー、Slow All Blackのオーナーたち、そして、暖かく迎えてくれる韓国のいつものメンバーには本当に感謝してやまない。

正直、俺のDJは40点位だが、もっと練習したり、韓国での友人を増やしたりして、今後も、仲良くしてもらえるように努力はしていきたいと思う。
楽しい時間を共有できる人は実は少ないし、かなり限られているのだから、こういう出会いは大事にしたいと思う。

*Amazon Music Unlimited*Itunesには無い音源が眠ってます!


アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+