DragonBallとHipHopが切っても切れない仲という事実


こんばんわ~。
最近、何かとやることが多くなっていて時間の使い方が間違っているような気がしています。

こうなったら、オラ、ぶっ飛ばしてやる!

というアレで、スーパーサイヤン(英語ではスーパーサイヤ人をこう呼ぶ)にでもなるしかないな。

*スポンサード リンク*


今年に入ってアニメもついに見るもの、見たいものがなくなって来てしまい、その結果、ドラゴンボールの新しいシリーズ、「Dragon Ball Super」を見始めました。

ベジータがブルマのためにキレたり、強くなるために料理したり、フリーザが生き返ったりとまぁ、滅茶苦茶な展開アリなんですが、毎週日曜日を楽しみにして生きています。

そんな中、俺は鬼興味ある記事を発見したので本日はそれをご紹介致します。

DragonBallとHipHopが切っても切れない仲という事実

ドラゴンボールがどのようにヒップホップに影響を与えたか


111
*参考*後で読んでね!
ドラゴンボールがどのようにヒップホップに影響を与えたか
出典:Playatuner

抜粋します!

ラッパーは自分をいかに大きく、強く見せるかということをテーマにラップすることが多い。そのリリックにおける強さの指標としてドラゴンボールのキャラ名が使用されることが多いのだ。

(注)画像は年代別に、どのドラゴンボールキャラがリリックに使用されたかがグラフ
出典:Playatuner

ということで、グラフを見ると圧倒的にスーパーサイヤ人ネタが多い。
特に、「俺はスーパーサイヤ人だ」とか「スーパーサイヤ人並みに」という例えが多過ぎる。

この上のリンク記事、凄く面白いし、実際にどういうリリックで使われているのかというのも書いてあるので本当に凄いよ!
是非、チェックしてみてください。

ただ、誰かヤムチャでRAPしてくれよって思うよね~。
クリリンくんは、人間最強だしな。
ベジータは王子だし、使えねえのはナッパとヤムチャ、チャオズだよなぁ。

と思うわけですが、今年はこんなやべえマンガも出てるのを知ってましたか?

ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件


112

*参考*後で読んでね!
ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件

タイトルまんまなんですが、転生したらヤムチャになっていた男のまんがなんですよ。
これがものすごく面白いです。

しかも無料なので是非!

ヤムチャさん!と言いたくなるほど胸熱なんだわ~。
カスの代名詞を卒業だね。

HipHop好きにはDragonBall好きが多い件


これはひとえに、世代だろうね。

ドラゴンボールは1984年51号から1995年までジャンプで連載していたし、その後も、今でもシリーズを変えてアニメになっているので、84年に青春時代を過ごした人から今の若者まで見ているという計算になる。

大ブームだったから、当時のオトナはマンガなんて読んでる人はかなり少なかったような風潮があるからな、最高齢30歳にしても。1954年現在63歳の人まで好きな可能性が高い。

日本でHipHopが流行ったのは82年なのでドラゴンボール連載以前である。
これらから考えると、ドラゴンボールが好きでHipHopも好きな層はかなりいると推測されるわけ。

それだけに、HipHop好きにはDragonBall好きが多いというのは納得ができる。
それと、HipHop好きは不良やバトルが好きな人も多いので、ドラゴンボールが好きな層と完全に被るというのもあるだろうね。

こんな理由で、HipHop好きがドラゴンボール好きな人が多いのではないでしょうか。

DragonBallとHipHopが切っても切れない仲という事実


もう少し、俺のプログラム能力が高かったら、アンケートを取りたいなと思う。
つか、アンケートやってみるわ。

やってみたわ。
2017年10月11日から18日までの間、アンケートをしてみるわ。

もしよかったら、投票してね。

俺の予想は、
「HipHop好きだけど、ドラゴンボールも好き」
の回答が70%を超えると予想します。

あなたの予想などうでしょうか?

楽しみだぜ!


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+