右や左の旦那様、俺の話を聞いてくれないか?


右や左の旦那様、お疲れ様です。
今日も、ブログ更新のお時間がやってまいりました。

こうして毎日お顔を拝見でき、至極幸福であります。
そう、毎日ブログを書いていると正直、何を書けばいいのかわからない日もあります。

そんな今日は、俺の夢の話をしたいと思いますので、また少しお時間を頂きたく思います。

o0800060012064318181

画像は虎ですが、俺はいつのころか虎がタイガーが大好きなのです。
もうこれは愛していると言っても過言ではない。
TagerKingdomという聖地に行ったほど。

それより前はドラゴンが大好きでした。
中学校時代に絵を描いて特賞をもらったほど。

そんな俺には最近やりたいことができました。
金も背丈もないけれど、俺には暇があるので、努力したいなと。


夢があるから生きられる。


そんなことばを教えてくれたのはCrazyKenBandのいろいろな曲で、これもまたレコードでコレクションしています。

そんな俺が昔書いた記事にもありますが、

俺の仕事はレコードを売ることじゃない。
夢を売ることだ。

といいことを言ってました。
そうです。

俺はあまり知られていない曲を掘り起こし、広めていくというのが俺の主なお仕事なわけです。
なので、レコードが売れれば生活できますし、この夢の続きを見ることができるわけです。

正直、このご時世ですのでレコードはあまり売れません。
でも、昨日のブログでも書きましたが、レコード好きなR&B好きは意外に多く、毎日毎日せっせとレコードをアップしている狂った人は意外に多いのです。

*参考*
レコードコレクターこそInstagramでレコードをオススメするメリットについて考えてみた。

俺も鈴木さんに言われて毎日インスタで画像をアップしたり動画をアップしてますが、正直、有名になれそうにはありません。
自分で昨日書いておいて、そのざまです。

その理由はマニアック過ぎる曲を紹介していることが多いからなのかもしれませんね。
この前も中国のR&Bをこっそりアップしてましたが、イイネが3個
内緒の1曲だっただけに、ショックでした。

最近、こんなことがありました。

10
Terri & Monica / Systa – 11 ver LP

11
Terri & Monica / Systa – 10 ver LP

これ、有名なLPで10VERのものと11VerのものがあるというLPです。
10VERの方がなぜかレア。

詳しい話はロトレコのHPでチェックしてもらうということで割愛しますが、このLPをインスタにのっけていたマニアがこの2週間前後で6件もいて、それぞれ、「俺は10VERだとか俺のは11VER」だとかやってました。

正直、キモいような気がしますが、男のお遊びで身を滅ぼさないようなオススメできる数少ない趣味かもしれな~とほのぼのした気持ちで眺めて、そっとIphoneを閉じたことがありました。

こういう話って多分、この記事から出た話だと思います。
俺はこういうことを仕事にしていきたいと思ってます。

具体的に言えば、そういうマニア過ぎる話で普通の人には伝わらないような情報をHP等で提供して、それがいつのころかには、スタンダードになっているような情報提供するということを仕事にしたい。

レア盤やマイナー盤、有名盤、珍盤、定番をどんどん紹介して、いつの日か、俺が紹介した記事が俺の周りで日常として見られるようなことができたらいいなと思うのです。

実際、大手中古レコードチェーン店のポップでも俺が書いた内容とまったく同じポップをみることがあります。
そのレコ屋ではゴミ扱いだった盤が急に評価されたりしていたのは、俺のHPを見たからなんじゃないかなと思うような書き方をしていました。

これって、すげえうれしい。

他の人が自分をパクってるのは面白い感覚です。
なので、DJなどでも選曲面で俺のかけていた曲をパクったりMixをパクられたりするというのは光栄なことだと思うのです。

最近、渋谷に来て、レコードが売れないわけですが、それを補うためにWEBライターのお仕事をもらってやることもあります。
そういう仕事と並行してR&Bのことを考えていると、自由の幅が増えていることに気が付くわけです。

俺の仕事はレコードを売ることじゃない。
夢を売ることなんだ。

今、それに近づいているような気がします。
早ければ来月、再来月と面白い報告が出来ればいいなと努力中です。

今日、こんな話をしたのはたまには自分の事でも語ろう、語ってしまおう、カタリストをパクってしまおう・・・と思ったのは、協力してくれる人って意外にいるんだなと思ったからです。

たとえば、RT。
たとえば、イイネ。
たとえば、読むだけ。
たとえば、紹介。
たとえば、レコードを買ってくれる。

こんなことが励みになるわけです。

最近、素敵女子(妄想上)の方からそんな励みを頂きました。
素敵男子(妄想上)の方からや、ゆとりある旦那様(想定では)の方からも、ご支援を賜りたく思い、こうして記事を書いてみた次第です。

希少な本を買う人が今では希少な人種になってしまったということを聴くこともありますが、レコードを買ってもらえるのも大事なことですが、上記のような応援も励みになるのです。

更新もゆっくりですが、頑張ってやっていきますので、ぜひ、毎日、こちらでご拝読お願い致します。
来月は放出も予定しているので、ガッツリアップしますので、お楽しみにしていてください。

ということで、今日はこのへんで。
明日は、時間を多くとろうと思います。

では~。


R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

*スポンサード リンク*


This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+