集客力がついてくるイベントするにはどうしたらいいか?について考えてみた。


このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です。
今日は夏バテなのか完全にダウンしてました。

明日からまた発送があるので少しでも体調を戻しておかないと10周年でヤバいので、冷やし汁でも食べて健康管理をしっかりしたいと思います。

さて、今日はいつもとは少し違う視点でR&Bトーク、DJトークをしたいと思います。

今日のお題は、

集客力がついてくるイベントするにはどうしたらいいか?

についてお話しします。

少し前に、最近、R&Bイベントが全国各地で増えているという話を書きました。

*参考*
R&Bの流行ってくるの?について考えてみた。
[PR]2016 8 6 (sat) LotRecords 10th Anniversary Party!

これを見て、「よっしゃ、いっちょ、やりますか!」と意気込んで、わざわざR&Bイベントを企画した方はほとんどいないと思うのですが、大小近々でも5個くらいの告知をみました。

どれも単発ぽいのですが、少しでも、R&Bイベントが増えている今、少しでも楽にイベントができるように、今日は無い頭を絞って考えてみました。

集客力あるイベントを見てみると、コンセプトがシンプルでやりたいことがまとまっています。

例えば、流す曲に指定があります。

・2000年から2005年
・NewJackSwing Only
・オカシイ曲中心

また、場所やイメージの指定があります。

[場所の特定] ・船上パーティー
・ビーチパーティー
・セレブホテルでのパーティー
・大箱でのパーティー

[イメージの特定] ・セレブを意識したパーティー
・出会いを意識したパーティー

こんな感じのパーティーがやはり、参加するにあたっては、興味を持ちやすいパーティーだと思います。

結果として、人気があり、人が入りやすいと思います。

また、

・設営側に知り合いがいる
・フレンドリーな空気がある

などというイベントに参加しても孤独を感じさせないようなパーティーはやはり行きやすいです。

見落としがちですが、

バーやクラブの店員さんも上記、設営側に含まれます。

なので、

[クラブやバーの店員さんが]

・店員さんが知り合い
・フレンドリーで行きやすい

これも非常に心のハードルが下がります。

パーティーは基本的に1人で行っても楽しめるものであることが理想です。
しかしながら、現実的にはかなりの難易度高い問題でもあります。

こうしたことに気をつけると、イベントも和やかにゆっくりと集客がついてくるのではないでしょうか。

実際に過去に何度もパーティーを開催してきましたが、効果が高いものを挙げると、

・ミックスCDのプレゼント
・ディスカウント
・振る舞い酒
・振る舞いピザ

ミックスCDのプレゼントは、次回以降に来た時にかかる曲を勉強してくれる人が意外に多いので、そのDJの、イベントのファンをつけるのに地味に活躍してくれます。

あとは、現金な話なので、きっかけにはなるような気がします。

逆に効果が無かったものは、

・イベント前になって、かかるだろう定番曲をアップする
・参加DJの紹介

正直、これは参加すると決めた方向けになってしまうので、参加しようか迷っている人や関心の薄い人には向きませんでした。

最近では、その他の付加価値として、

・子供も楽しめるパーティー
・フロアが禁煙
・授乳室がある

なども増えてきていると思います。
こういう「子供でも楽しめるパーティー」は、今後も増えてくると思うので、クラブも開かれていかないとR&Bも浸透していかないような気がしました。

オールナイトのイベントよりもデイイベント。
クラブよりもバーイベント。
バーイベントよりもカフェイベント。

そんな流れは今後ますます強くなっている傾向があるので、注視していきましょう。
以上です。

まとめ
イメージし易いコンセプトを設定し、周知を徹底する。
設営側のスタッフが来てくれる人を1人にさせないように計らい、紹介を促す。
設営側にはバーやクラブの店員さんの協力も不可欠。
付加価値を高めることも忘れない。


R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

*スポンサード リンク*


This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+