毎日DIGって聞いたことがない曲を聞かせてくれるDJと、毎回同じような定盤曲しかかけないDJ、どちらが好みですか?


こんばんわ~。
おつかりーっす。

今日は土曜日だね。
サタデーナイトだね。

爆発したいぜ!

ということで、掲題の件について書いていくぜ。

mania

このまえ、美人DJとして(一部で)有名などうしょもないDJが遊びに来てくれました。

ええ・・・。

あの人です。
見た目はいいんだけど、見た目はいいんだけど・・・。

で、そんな彼女(NHかもしれませんが)とのレコード&DJ談義になってちょっぴり切ない系の話をしたのでご報告致します。

有名DJさんになると、クラブや箱、バーがから

「お客様在り気だから、お客様を兎に角躍らせて、楽しませて」

という要望を頂くそうです。
お金をもらっているプロDJなので、そこは、クラブ在り気のプロDJなわけです。

DJはクラブが無かったらお金はもらえません。
クラブはお客様が来なかったら経営できません。

となれば、必然的に、お客様のリクエストは受け、お客様が喜んでくれる選曲をしないといけないことになります。

その結果・・・毎回同じような選曲と同じような仕上がりとなります。

同じような選曲、同じような仕上がりなので、DJとしてはこれ以上楽な話はなく、新しい曲を買うことも、新しい曲を探すこともなくなります。

ここに、普通のDJさんたちとの壁が出来てきます。

普通は、新しい曲を探しているので毎日とは言わなくてもたまにはレコードでも買うか、あの曲流行っているな、買っておくかという心理になります。

そうやって人それぞれですが、あるペースで新曲をGetしてはかけていくわけです。

マニアの一部の人には買ってもかけない人がいますが、そういう人は普通じゃないので別とします。

プロDJさんのように、完成されたスタイルでやっているならば、それが一番いいとは思うのですが、レコードやCD、音楽を探しているとどんどん深みにはまり、こんな曲、あんな曲、というのを探していきます。

行きつくところが、誰も知らない曲です。
誰も知らない曲なんてのは、制作者がいる限り、あるわけがないので、完全に自己満の世界です。

これって両極端過ぎる例なんですが、いつものルーティーンに満足していると新曲はGetしなくなるような気がします。
逆に、もっとこうしたいというような気持ちがあるとより一層Digりそうな気がします。

まぁ、そんな話をしていましたが、今回登場したプロDJさんをDisという話ではなく、お客様が全てだから定盤曲以外かけるつもりも予定もないから、すでにDigる必要すらなくなってしまった凄い方がいるというお話です。

買えば買うほど、誰も知らないような曲が増えていく反面、お客様目線でそれを大事にする姿勢。

明らかに、前者のプロDJさんの意識の方が正しいような気がします。
それは反論の余地が無いほど完璧な姿勢です。

だからこそ、無意識なのかわからないけど、疑問符が出てくるわけです。

さて、どちらがどうなのか、誰かが何かを言ってくれるかもしれないので、期待してます。

俺の考えを書こうか考えたんだけど、正直、よくわからないレベルになってしまったような気がします。
最近、欲しいCDやレコードは出てこない(あっても買えない)し、新しい曲を探す気分にはなかなかなれないので、停滞期だと思います。

なので、プロDJさんのような意見にも賛成だし、無意識下では、DIGってないのはDJじゃないと昔言われた一言が頭でリフレインしているし、中途半端です。

今月頑張ったら来月は少しゆっくりして、腰も治したりしていこうと思います。
その時にまた考えてみたいと思います。

あなたなら、どう思いますか?

毎日DIGって聞いたことがない曲を聞かせてくれるDJと、毎回同じような定盤曲しかかけないDJ、どちらが好みですか?

という質問を投げっぱなしジャーマンで終わります。

それでは、明日もマニアな!

ばいびー。

アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。


R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

*スポンサード リンク*


This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+