ニューヨークレコードショップガイド New York Record Shop まとめ


ニューヨークのレコードショップに行きたいという話を良く聞きます。
そこで、このような「ニューヨークレコードショップガイド New York Record Shop まとめ」を作ってみましたのでニューヨークのレコ屋に行きたいという方は是非「B」マークを押して置いてください。

「俺もね、金さえあれば仕事を辞めて、ブラジルやメキシコにCDを堀りに行きたいんだ」

という話。
俺も同感だよ。
金ってヤツは・・・金ってヤツは・・・まったく困ったヤツだね。

そんなわけでして、早速本日の内容です。

*スポンサード リンク*


ニューヨークレコードショップガイド New York Record Shop まとめ

image

ニューヨークには50件以上のレコード屋があります。
俺も30件以上行ってますがなかなか良いレコード屋に当たったことは少ないです。

特にR&Bは壊滅的な状態です。
それでも運さえあれば結構良い曲が出ることもしばしばありますので、オススメなレコード屋をまとめておきますのでご参考にしてください。

New Yorkに行く前の準備


・エスタ登録
まず一番重要なのは、エスタの登録です。
NewYorkに行く前に、アメリカに入国するためには、エスタの登録が義務付けられています。
意外に知らない人が多く、某何某(なにがしと読む)さんは、飛行機でハワイに行って入国できずそのまま帰国したという伝説があったほど。
英語を理解できないでDiscogsを買ってトラブルまみれになっているマニアがいるらしいけど、それ以上にこのエスタは厄介です。申請できても入管でNoと言われたら帰国しないといけないらしいからね。
ちゃんと入国できる程度の英語は理解できるくらいの学力をつけていきましょう♪
*そういう人のせいで一部のレコ屋は日本人に発送するのが嫌だと言ってレコードの取引を中止したお店もありますからね。トラブルメーカーは世界中でもめているようです。

 

ESTAに関する情報はこちらから。
リンク先は米国大使館です。

ちなみに、Esta代行サービスをしてくれるOnlineサービスがありますが、自分で申し込んでも同じなので手数料5000円から8000円が無駄なので自分でやってしまいましょう。

・NewYorkに行くならツアーにするか、個人旅行にするか。
ツアーは安い時もありますが、意外に高くしかもですね、ホテルがうんこなんですよね。
あげく変なフライト時間だったり、何か買わせるようなオプションが付いてたりと正直、オススメできません。

俺としては個人旅行が一番オススメです。
個人旅行とは、格安航空券+ホテルというスタイルでその他がついていないものを指します。

*Booking.comとかもあるけど、2013年に行った時に直前でキャンセルされたことを考えるとEXPEDIAがオススメなんだよな。
かしこい旅、エクスペディア

この個人旅行、旅慣れていないと不安な点があります。

NewYorkについてからホテルまで心配じゃないか!

って思う人も多いですが、90年代から言われていて一番怖いのはタクシーなんですよ。
タクシーに乗って気が付いたら変な処に連れていかれて、ハングアップというケースが今でもあります。
なので、電車かバスがオススメなのです。

*John F. Kennedy International Airportからのアクセス*
こちらからのアクセスは、地下鉄が1番です。
マンハッタンまで1本ですし、便利です。

*Newark Liberty International Airport*
ニューアークに発着するのは確かデルタ航空の直行便だったかな。
こっちに降り立った場合は電車よりもバスがオススメ。
マンハッタンの42番街付近にあるバスターミナルに到着するので、深夜でも便利。
しかも、ニュージャージー側からマンハッタンの夜景が半端無く綺麗なので最高なんだよね。
多くの人と一緒だから不安も少ないのでオススメ。

それぞれ、付いたらチケット買えばいいので前もって準備する必要もないのが旅行好きにはいいところ。

という準備段階を経て、さて、いよいよNew Yorkに飛びますか!

続きは次のページで!

*スポンサード リンク*



 

 

 


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+