雨の夜にはレコードと過ごす贅沢な時間。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今週来週と雨が多いみたいですね~え。
まったく残念です。

しかし、そういう日も必要なように、人生もまた休息が必要です。
ということで、雨の夜はおうちでゆっくりとレコードでも聴きながら、読書などはいかがでしょうか?

20160713_9cfe1e
Keith Sweat / Keep It Comin’ – Gangstarr Remix –

村上春樹さんは、有名なジャズレコードのコレクターとしてその作品にも影響を及ぼしているのと同時に、相当なコレクターだといろんな雑誌やメディアで取り上げられています。

俺も子供の頃、「ノルウェイの森」を読んで、ずいぶんとオトナになった気分になったことがありました。
今読んでも、何かを感じるようなセンスが残っていないのが非常に残念なのですが。

そんなLotmanが最近読んでこれはまぁまぁだなと上から目線で読んだよく理解できなかった短編小説はこちら。

大して仲良くない人と仲良くなった理由がレコードマニアだったから。
という感じでスタートをするのですが、その発想がすでにマニア。

マニアはマニアとつながっていくというのはブログでも何度か書いている持論ですが、それを地でいく内容で、時代が違っていたら、村上春樹氏もきっとR&Bを好きになっていたに違いないと意味不明な思い込みをしながら読んでました。

俺はよく作業中には音楽を聴いています。
最近買ったCDや頂いたCDはじめ、レコードやYouTube、そして携帯に入っている音源など。

残念なことに、ここ近々の音源は聞けていないのが実情で、ChanUさんのMixやYoshifumiくんから頂いたMixCDもまだ聞けていないので、もうしわけないなと思っているわけです。

Ipodにいれておけばいいのだけれど、その肝心のIPodが見つからないという老人病なので、どうしょうもなく救えないわけです。
そういえば、俺は毎週1冊以上読書をするのですが、最近はその買った本もまだ途中だったりするので、余程、余裕がないのかもしれませんね。

少しペースを落としていろんなことを見つめなおす必要があるのかもしれませんが、今は夏の放出真っ最中なので仕方が無いのかもしれないな~。と自分でいいわけを作っているわけです。

読書をしながら本を読んだり、原稿を書いたり、埼玉にいる頃には時間が結構あったのでよくやっていましたが、渋谷に来てからは時間とお金を消耗しているだけなのかもしれません。

時事ネタで恐縮ですが、鳩山代議士がお亡くなりになったあと、蝶々のコレクターだったという記事がありました。
俺はその記事をこの曲を聴きながら読んでました。

20141216_6d4e5c
Sabrin Roses / Moon Light Shadow
*YouTubeは無かったです。

この曲はなんとなく、夜の蝶々をイメージしてしまう曲だったので、俺の中では凄くしっくりくるものがありました。

そんな鳩山代議士の有名なエピソードが時事ネタ.comかな?に掲載されていたので、「おぉ~」と思ったので紹介しますね。

〈都区内では大珍品のアカタテハがやってきて、しかも二回もオレの回りをぐるっと回って消えた。そうだ、あれは神がオレにチョウを徹底的にやれといって遣(つか)わせた使者に違いない。これから当分ヒマが続く。オレはやるぞ、こうなったらトコトン、チョウをやりつくすぞ……〉

出典:「週刊新潮」2016年7月7日号 掲載 -鳩山邦夫の遺産は170億円以上-

日本Topランクの家柄の人でも、浪人というか修行時代というか、自分だけの力ではどうしょうもない時期というものがあることがあります。そういう時期に、こういう運命的な出会いがあったりして、マニア化するということが自分を救ってくれたというのは、有名人や出世している人の話にはよく聞きますよね。

蝶々コレクターというのは珍しいけど、音楽が精神的な面に及ぼす影響というのは珍しいことではないですよね。
そう考えると、レコードコレクションをマニア化するというのは、本来非常に有意義なものなのかもしれません。
*例外の人もいた。

音楽を楽しめるだけのゆとりから、レコードをコレクションすることに固執してしまうとダークサイドに落ちていってしまうので、それには気をつけないといけませんね。

そんなことを外の雨を見ながら漠然と音楽を聴きつつブログを書いた1日でした。
落ちも何も無い話ですが、ゆっくりリラックスして頂けたら最高ですね。

また明日もレコードとかR&Bの話を書いていこうと思います。
では^^

*スポンサード リンク*

This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+