レギュラーイベントについてその重要性をまとめてみた


お疲れ様です!
今後しばらくまた忙しくなってしまうので、土日はHPもブログも更新お休みします。

まあ、このブログを見てる人も土日は忙しいみたいだからね。土日はあまりPV数いかないし、ちょうどいいのかもしれません。
そう言えば、しばらく放置していたにも関わらず月間PVがやっと3万を超えました。

毎日見てる人、ありがとう!
引き続きよろしくどうぞ^_^

*スポンサード リンク*


さて、今日は先日大宮ギャラクシーに行ってDJ担当マネジャーと急遽面談になった際に感じたことを書いていきますので、初心者DJが参考になるのはもちろん、上級者の方も再考するきっかけになるかもしれません。

寝る前のお時間を少し頂戴。

レギュラーイベントについてその重要性をまとめてみた


18-1

レギュラーイベントとは?


IMG_6548
レギュラーイベントとは、ある程度の幅で、定期開催されているイベントのことです。

ある程度というのは、不定期開催されていても年に4回とか、第5週土曜日とか、特に毎週や毎月開催されているイベント以外も含まれるということです。
単純に定期の範囲の問題ですね。

イベントに所属しているかどうかは別問題


レギュラーイベントは定期的に参加しているイベントの有無を指しますが、そのイベントに所属しているかどうかは別問題です。

例えば、自分はシフテーで不定期開催されているお店のイベント「盃」にタイミングで参加してますが、「盃」はお店のイベントなので、実行委員や責任者はお店になるため、所属も特にありません。

また、DJ Mamaくんが主催している埼玉唯一のR&B Party 「R-Izmical」も不定期開催してますが、こちらもタイミングで参加してます。
「R-Izmical」にはイベント実行クルーがいますが、自分はそのクルーに所属してません。

このように、定期イベントに参加していても所属していないケースは多いです。

レギュラーイベントの定義は難しいですが、ある期間毎に開催されているイベントに毎回参加していれば、そのイベントは自分のレギュラーイベントとよんで良いと思います。

ただ、一応、主催者には敬意を払うという意味でも確認はしておいた方がいいと思います。

レギュラーイベントの有無に依って変わるDJの評価


img_4726

レギュラーイベントが有るか無いかでDJの評価が大きく変わる

この傾向は昔からDJしている方やDJにこだわりが強い方には多いのですが、色々な人と話たり、新しいイベントに参加したりすると、必ず聞かれる質問があります。

普段、どこでまわしてるんですか?

この回答する場合に、自分の主催イベントやレギュラーイベントが無いと自分の中でイマイチだなと感じることもあります。

逆に、大きなイベントに出てると、勝手に相手が凄いと勘違いしてくれるケースもあり、イベントに出ているトクがあると思う場合もあります。

大きなイベントに参加すると、沢山の人に出会うきっかけにもなりますし、長くやっていると知名度も上がってきますので、色々な恩恵を受けることができます。

お店や主催者からの評価にも繋がる


お店や主催者は色々なパーティを企画していたり、様々な人を紹介してくれるケースも多いですし、特別な条件でDJできる機会を与えてくれるケースもあります。

同時にDJとして試練になるケースもあります。

例えば、〇〇という大きなイベントに出ているなら最低このくらいは集客できるだろうとか、長年やっているなら新しいお客さんやDJを紹介してくれるだろうなど、色々な打算がある場合もよくあり、トラブルになる場合がよくあります。

全然呼ばれて無いみたいだから、イベントに参加させたらDJから5000円請求されたとか、レギュラーイベントで参加してもらっていたら毎回毎回PCがボロ過ぎて音が止まりDJできなかったとか、レギュラーDJだからとお金を貸したら返ってこなかったとか、クラブならではのトラブルは盛りだくさんに存在します。

人付き合いが増えればトラブルも増えるのでレギュラーイベントに参加したくないDJも意外に多いのも実情です。

俺は今までレギュラーイベントは自分が主催した意外はありませんでしたが、その理由は、

予定があると気分が重くなり、苦痛を感じることが多かったから

です。
イベントの話を受ける時まではいいんですよ。

楽しそう!とか妄想して、いいね!と思うのですが、直近になると、その時やりたいことが別にあったり仕事にのめり込んでいたりして、優先順位が変動していて、気が重くなるんですよね。

全く自分勝手な性格ですが、最近は色々とDJの予定を楽しめるようになってきました。
DJの練習を毎日してるからですかね。
それともカタさんとか刺激をくれるDJさん達のおかげかもしれません。

レギュラーイベントから学ぶ事3つ

この単元だけで1記事以上かけますが、軽くまとめておくと以下のようなことをレギュラーイベントだからこそ学べると感じました。

DJとしてのDJ力


image
毎回同じことしているDJからはなかなかそれ以上を学べませんが、そこに至る経緯等や1回のDJプレイを見ただけでは計れないDJ力の深さを感じることができます。

それは選曲の幅だったり、Mixの仕方だったり、RapやEDMからR&Bにつなぐスィッチだったり、レギュラーイベントだからこそ学べることがあります。

こういうことは意外に教えてもらえないし、自分ではなかなか気がつけないことが良くあります。
他人のプレイを見ることで自分に足りないものに気がつけることもあると思います。

パーティを楽しむ、楽しませる姿勢


たまに書いてますが、まずはパーティを楽しむことが大切です。
暗い顔して不良感丸出しでソファーに座っているというのは正直、良いとは言えません。

自分以外のDJがプレイしているのを聞いているのは苦痛な時間になる場合もありますが、そこにいる人をDJ以外でも楽しくさせたら、それはそれでDJとして機能していると俺は思います。

なぜなら、フロアメイクもDJには大事な役割だと思っているからです。
ただ、日本人DJのほとんどは趣味でやっている人なので、無理する必要は無いと思います。

俺もなかなか楽しそうにDJできないので。

人付き合いの仕方


クラブはクラブに行く前に感じたイメージよろしく、いろいろな人がいます。

書ける良い話もあれば書けないようなクソの話、何が嘘で何がクソだか一見わからない事も多いし、仲良しだと思っていた人が実は自分を大嫌いな人だったり、普段から悩み相談したり親友扱いだった人が実は腹の底で笑っていたり、少し会わなかっただけでつまはじきにされるような人もいるし、浮気相手物色のために徘徊している人、クラブにいる人は怖いという側面があるのは否めないと思います。

それでも、本当に少しだけど良い出会い、良い事というのは存在します。
そのためにわざわざイベントに参加したくなる人もいますし、すべでが悪だというわけではないと思います。

それが一番勉強になるのが、レギュラーイベントです。
毎回行っているといろんなことを見るだろうし、考えるようになります。

それはなかなか会社や友達関係からの社会では見えないし、経験できない、したくないケースが大半ですがあるわけです。
そういう経験はやっぱり自分を成長させる試金石になります。

大事なことは、今日から始まる残りの人生だから、腐らず日々を過ごすとまた良いことがあるのと同じように、そういう経験を垣間見ることができるのがレギュラーイベントだと思います。

レギュラーイベントの重要性 まとめ


image

なんだかんだ長文になってしまいましたが、このようにレギュラーイベントは大変な事も多いのだけれど、学ぶことも多いのです。
お店やイベントから受ける恩恵も大きいですしイベントが大きくなればDJの知名度も広まるきっかけにもなります。

そのために大きなイベントに入る人や入りたい人も多くなるので、弊害もあるのですが、それはまた明日にでも書いてみようかなと思います。

レギュラーイベントに出るメリットを箇条書きにしておきます。

レギュラーイベントに出るメリット

  • イベントやお店からいろいろな恩恵を受けることができる
  • 知名度信用実績スキルなど総合的なDJ力が高まる
  • DJ以外の事を学ぶことになったり、友人ができるきっかけにもなる

ほかにもあると思いますが、毎回定期的にイベントがあると俺のように苦痛に感じる人以外では、マイルストーンにもなるので、やる気低下防止にもなりますよね。

というわけでして、今夜は改めてレギュラーイベントの重要性について考えてみました。
メリットばかりが目につきますが、実際にレギュラーが毎週とかあると苦しいと思うのは俺だけでしょうかw

今年はレギュラーイベントか主催イベントを一つやりたいなと思ってます。
またそこで経験をつんで、ここでアップできたらいいですね。

ぜひ、よろしくお願い致します。

*Amazon Music Unlimited*Itunesには無い音源が眠ってます!



アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+