TAG 倒れるまで飲む!そしてとことん楽しむのが作法じゃないのかと思う夜もある。