TAG W-Tang Clanを尊敬している俺が考えたサクセスストーリーはこれだ。