#レコードコレクション #初心者ガイド – レコードの買い方まとめ- #これから値上りしそうなリスト


昨日はNJSマニアのイチロー君と電話でいろいろお話をしてました。
その中で「セールの際に買うのは、高い盤を1枚買うのがいいのか、それとも安い盤を買う方がいいのか?」という質問を受けました。

マニアでも今回のように迷うことがあるんだから、レコードコレクションを始めたばかりの初心者の方はもっと迷うんだろうなと思ったので記事にしてみます。

いろいろご指摘やご意見等があるかと思いますので、その都度、ご紹介下さい。

image

さて、イチロー君の質問にお答えする前に、初心者の方にもオススメできるようなレコードの買い方をご指南致しますので、しばし、お付き合いください。

$$さて、ここで質問です。

あなたは最近仲良くなったロト男くんにレコードコレクションのすばらしさを話したところ、ロト男くんは大変興味があるようでした。
そこで、


問:「初心者のロト男」に「レコードの買い方」を提案してください。

 

なかなかの難問です。
素敵な正解者には何かプレゼントさせて頂く可能性(あくまで可能性)がございますので、お暇な方は是非、近所の渋谷LotRecordまで。

ということで、この問いに関するLotRecordの回答です。

まず、一番重要な話になりますが・・・

これからレコードコレクションを始めようと考えている方は「自分がどんなレコードコレクションを保有したいのか?ということを明確に把握していないといけません。

これがブレてしまうと、あれもほしいこれもほしいもっともっと欲しい!というヤツになってしまい、人によっては他人のレコードをパクるという人も出てきてしまうほどの病気にかかってしまうケースもあります。

そうならないためにも、自分のコレクションはどういう経緯でどういうジャンルでどうやって集めていくのかということを最初の時点で明確にしておくといいと思います。

例:
・New Jack Swingが好きだから80年代後半から90年代初頭までの歌モノしか買わない。
・90年代のR&Bが好きだから90年代のR&Bしか買わない。
・DancePopが好きだからそのジャンルしか買わない。
・一人でゆっくり音楽を楽しみたいからLPしか聞かない。
・アナログ(レコード)でDJをやりたいからフロアでかけられるレコードしか買わない。

などなど挙げればきりがないわけです。

LotManはどうなのか?
ということを参考までに挙げれば、「R&Bと判断したものなら大体買う」という姿勢でガツガツ買ってきました。
これが全然オススメできない買い方であるために、今回の内容に生きるわけです。

俺自身推定で3万枚位は買っていると思います。
しかし、よくよく考えてみれば自分の欲しいものを買ってきたのかといえばそんなこともなく、ただひたすらに買い続けてきただけでした。

金沢に尊敬する凄いラップのコレクターさんがいます。
その方のブログに書いてあった言葉ですが、「ただただレコードを買ってきただけだ」ということ。

それを見た時にやっと初めて、自分の買い方が救われた気がしました。
なぜかというと、上記例のように、ジャンルや方針を決めて買っていくという方法は、あるジャンルに特化するわけですから、マニアになる時間も早いわけです。
R&BでもSlowJamも買えばMidも買ってキャッチー系もEU系もDancePopもNEWJACKSWINGも・・・とやっていって全てをマニア化するには膨大な時間とお金がかかります。
自分が考えるにはヒトジャンル3000枚位からがやっと上級者レベルだと思うので、全部をマニア化するとなれば何万枚もかわないと無理です。
1枚100円で買っても数百万単位です。
俺の平均は1360円前後ですので、それを考えると家が建つことがわかります。
そんな金、どこにもないっす。

なので、ジャンルを絞ってそこに注力していく特化方法が有力です。
しかも、レコードコレクションの面白いところは、お金を出せばある程度の盤は買えるけど、買えない盤も存在するし、自分だけが運悪く捕まえられないこともよくあります。
だからこそ、マニアの人は「自分の処に来た盤が自分のレコードなんだ」ということをよく理解しているのです。

盤質がいいだとか、安いとかいろいろ条件はありますが、マニアの多くは最初の1枚には結構なお金をつぎ込んでいる人が多いのも、そういうことなのです。

それがレコ運を上げている理由なんじゃないのかなと思います。

続きは次のページで!

*スポンサード リンク*



 

 

 


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+