レコードを買っていて正解だった件。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は更新が遅くなりました。
それもこれも、Aライさんと楽しい時間を過ごしてしまったからですね~。
にっちょめくんにも久しぶりに偶然お会いできて、親切にしてもらえたし、いい一日だったかな。

そして、HaloonさんよりTシャツを頂きましたので、ロトレコでもユニオンTシャツを来て営業したいと思います。
あざっす。

そんな楽しい花金だったわけですが、今日は凄い話を聞いてしまいましたのでご報告致します。

20140922_ca4e7f
Tony Thompson / Sexsational – LP –

最近、どうやら本格的にレコードブームが来はじめているようです。
しかも、日の目の当たらない、R&Bに。

New Jack Swingが再ブームの兆しありとかで、これからレコードでコレクションする人が増えそうなんだとか。
俺もそういう情報をゲットするのは久々だったので、うれしかったです。

R&Bといえば、ひたすらマイナーな、そして人気の無いジャンルでした。
西崎さんもR&Bを日本に根付かせるために努力されておりますが、野村もまた努力しているわけです。

毎日毎日、たわごとを書いて、毎日毎日(のように)ブログを更新して。
つまらない日々、単調な日々を一生懸命生きているわけです。

それが少しでも報われたような気がして最高です。
とはいえ、ロトレコでは全然R&Bの人気が回復しているとは言えないのですが。

きっとこれからなんだろうな!
と思って期待することにします。

20160711_f41f1a
Tony Thompson / Sexsational – UK Promo Only EP –

いろいろなコレクターさんがいるので、その買い方等も様々なわけですが、一生懸命買ったレコードは裏切りません。
前にも書いたけど、遺品レベルのブツを拝借して転売しても結局は生活費で消えていく人の話を聞くと、凄くがっかりしますが、今から書く話は本当に久々明るいR&Bトークでした。

某コレクターさんなのですが、まぁマニアですね、その方が俺と同じことを言ってました。

レコードをひたすらオリジナル盤で高くても安くても買っていた。その結果が少しづつ出て来た

うれしい話ですよね。
俺たちレコードコレクターはレコードでしか語れない1面を持っていると思います。
それは、共通の話題であり、共通認識であり、共通の価値観なわけです。

それに対して、努力が報われた的な話を聞くのはうれしいものがあります。

例えば、高い盤を買ってしまって後で後悔する日もあるかもしれません。
でも、それは、持っているという情報を開示することで、何ランクも有益な情報へと進化するのです。
つまり、Instagramでもし、その高く買ってしまったレア盤を公開すると、いろんな人とつながる結果になるかもしれないのです。

情報の1面でしか物事をとらえられない人にはわからない話です。
多方向から判断すると、それが次のステージの何かに変わるきっかけになっているということはよくあることです。
いい方が悪いかもしれないけれど、残念な人にはそういうことに気が付けないんだよね。
だから、生活費に困るのでしょうけど。

自分だけでレア盤を収集していても今の時代には何の役にもたちません。
どんなにレアでも、高額盤でも、他の人がそれがレアだという共通認識を持ち、それが高額盤であるという共通認識がなければただのカス盤と同じなわけです。

これが俺が言いたいことです。

20160115_065bd3
Tony Thompson / I Wanna Love Like That 2001 – Between The Sheets Remix – cw Bill Withers Just The Two Of Us 2001 – Around The Way Remix –

この↑の盤も昔はカス盤でした。
それが、GRap好きの人達によって、再評価されたことがきっかけで万越えするようになったわけです。

全てはそういうことです。
一人の力なんてたかがしれてますが、マニアによって共通認識となってしまえば、在りえないことが起きるわけです。

今でもブートの引取値はほとんど0円だそうです。
昔、大金を積んで買った盤の多くはクズ値になってしまったものもあれば、それ以上に評価されたものもあります。

人気や流行というものは時代と共に変わっていきますが、いいものはいつの時代もいいわけです。

20150407_d2fc95
Tony Thompson / I Wanna Love Like That

これも↑昔12800円でマンハッタンレコードで買った思い出の品です。
それが安いときは3500円とかまで下がったけど、今じゃ、結局レア化してきて専門店始めR&Bが得意なお店では8000円クラスまで回復しているわけです。

こういう面白さというのは、他の趣味ではなかなか味わえないものがあります。
コレクションしていてよかったなと思う瞬間でもあるわけです。

そういう話を今日は聴けて本当にうれしくなったわけです。
金沢の尊敬しているコレクターの方も、言っているように、

ただただレコードを買ってきただけだ。それだけで今に至った

俺はこのフレーズ大好きなんですよね。
本当にレコードが好きなんだな~と思うわけです。

レコードの音源を落として売却している人も多いと思うし、それはそれで凄いことだなと思います。
でも、やっぱり昔ながらの方法で、地道にコレクションしている人の話は説得力がありますね。

なーんだろ、このほんわかした気持ち。
説明できないので、みんなもレコードコレクションしてくれよ。

そうしたら、わかると思うから。

レコードをまだ買ったことない人は、まず、自分の好きな曲か、ジャケ買いしてみてください。
知らない曲を買うのは抵抗があると思うけど、それがくじみたいな感じなので余計に最高なのです。

あー、レコードのことを書いていたら長文になってしまいました。
また明日、何か書きますね。

マニアの話を書いてくれとリクエストを頂いたので久々明日はマニアトークでもしましょうかね。
誰か、明日遊びに来てマニアトークしましょう。

ということで、お休みなさいまし。


R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

*スポンサード リンク*


This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+