Welcome Back ,Funny という名の忘年会をやります!2017/12/12


お疲れ様です。
セールが始まっててんやわんやですが、来週DJ Funnyが来るのでひさびさ飲み会イベントを開催いたします。

忘年会と壮行会を兼ねた不思議な飲み会です。
遊びに来てくれた方、先着10名くらいにDJ FunnyのMixCDをクリスマスプレゼントします!

cover art

*スポンサード リンク*


ということで、今日のネタはもうPRみたいなものですね。

Love 2017/12/12 Welcome Back Party For DJ Funny


love

ということで、詳細です。

Info


2017/12/12(Tuesday)
Fee:1500Yen
@DJBar_Shifty(Shibuya)

Guest DJ


Funny

DJ’s


Kiyoshi(Shifty)
Marth
Akira
Mama
Lotman
and more…

ということで、小ネタ。

DJ Funnyとの出会い編


image

そう、思い出すこと4年前・・・。
Discogs経由で「日本に行くのでロトレコに行きたい」というメールをもらった。

このメールを送ってきたのがFunnyで、よくよく話を聞くと、先輩のDJ TrickStarさんという韓国のR&BコレクターでTOP3に入るほど有名な先輩からロトレコの話を聞いてきたという。

ロトレコには世界中からマニアが連絡してくるのだが、R&Bマニアで基地外みたいな連中が多い。
その中で、いっちゃ悪いかもしれないが、FunnyはR&Bマニアではない。

定番曲を普通にプレイする普通のDJだと思う。

最初日本に来たときに、DJ Hasebeさんの凄さを語られたが、ファンなんだろうなと思っていただけだったが、2回目に来たときは、DJ Komoriさんの凄さを一生懸命語られた。

彼がもともめているのは、R&Bの知識や深さではないことを理解していたので、それならばというわけで、日本の最高峰DJとして、俺の中では神様的な存在のDJ HarukiさんをFunnyに教えておいた。

Funnyは足しげくApplePieに顔を出していったのだが、数回目にHarukiさんのプレイの凄さを感じ取ることができたという。
逆に言えば、そのときまで感じ取れるレベルに達していなかったともいえるのだが、そこからHarukiさんのファンになった。

ということで、俺に毎回その興奮と感動を伝えてくるのだが、俺はDJというよりもコレクター?なので、「へー」とか「そうなんだー」とセリフが棒読みになってしまう件が否めない。

また、日本にはうまいDJというのが沢山いすぎて、大箱でやっているDJ以外なかなか前に出られないという問題もある。

それでも凄いDJは自力で登っていくのを見ているが、結果を出すということに関して考えるとただDJをしているだけではダメだということなのだろう。

Funnyもそういう面を最近になって考えているのか、MixCDを作っていた。
そう、このMixCDを作った目的はこれをHarukiさんに渡すためという目的があった。

そこで、俺が聞いたところ、かなりいいじゃない!と思ったので、早速、

「Funnyに12月のノベルティに使いたいんだが、ダメかな?」

と萌え系アニメキャラばりに伝えてみたところ、快諾してくれた。

そんな経緯もあって、師匠が走るというくらいクソ忙しい、この師走に、こうしてFunnyをWelcomeで迎える飲み会を開催するに至ったわけです。

今日も電話で

「私さ、韓国人が嫌いなんだよね」

という辛辣な言葉を言われたが、そういうことをいう人の多くは韓国に行ったことがないか、もしくはだまされた経験があるからで、普通に遊びに行った日本人は韓国の面白さにはまり、何回も何十回も遊びにいくという人も結構いる。

俺は在日でも韓国人でもないが、顔が沖縄とかフィリピンぽいだけで、純粋な埼玉県民なのだが、そんな俺も最初は韓国のヘイトニュースを見たりしていたこともあり、ネガティブなイメージは少なからずあった。

それがここまで改善したのは、このFunnyのおかげであると思う。
そして、遊びに行ったときの韓国のパリピや町の人、こう書くとまるでドラクエの村人のような感じになってしまうが、NPCの代わりに親切に対応してくれたことを思い出すわけです。

日本人はマナーもいいし、常識ということに関しては、一部のオカシイ基地外以外は凄いと思う。
ただ、どこまで他人に対して接していいのかという問題は非常にシビアな問題になってきていると思う。

知らない人に挨拶しちゃダメ的な発想しかり、他人とのかかわりに関しては、高度な犯罪者が増えるほど、自分を守るためにも、他人との無益な接触は避けたいところだが、人の間で生きるから人間なわけで、それ自体、進化しているのか退化しているのかわからないなと思うこともある。

まぁ、何がいいたいのかというと、そういう他人につっこんでやさしくできる人って意外に日本では貴重な存在になっている反面、海外では普通にやっていることでもあるという話。

それがいいか悪いかは別にしても、そういうハートフルな人がいるというのはその国を好きになる経験につながるのではないだろうかということを思った。

それが俺の場合は、Funnyだったわけで、海外のDJを呼びたいと思ってるイベンターの人にFunnyをオススメしたいと思うし、日本と韓国でももっとR&Bを通じて仲良くなったり、コレクター同士で交流が深まっていければ最高なんだよね。

BlackHistoryでも話していたけど、俺は今、インド、インドネシア、タイ、韓国、中国、フランス、ブラジル、フィリピンなんかのコレクターと仲良くなっている。

そういう交流を大事にできたら、もっともっと世界が小さくなっていくんじゃないかなと思うし、それを少しでもロトレコ周りの仲間に伝えられたらなと思うので、来週火曜日、もし暇なら、渋谷で軽く飲みましょう♪

アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。

*スポンサード リンク*



R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+