40歳過ぎた中古レコ屋店主が転職活動をしてみた結果


こんばんわ。
わざわざ書く必要もない話なのですが、結構、俺自身の人生に興味を持っている人がいるので、書いておきます。
以前にこんな話を書きました。

*参考*後で読んでね!
中古レコ屋を12年やってみて考えること

40過ぎてちゃんと働いていないとバカにされる!


40過ぎて、レコ屋とかDJとか旅行とかで遊んでばかりいると、他人様からバカにされるわけですよ。
ちゃんと働いていないというクレームが来ます。

何度か書いてますが、俺は20代の時にかなり一生懸命仕事も勉強もしたので、その成果がある程度形になっているので、こうしてやっていっているわけですが、そこを知らない人からすれば、「カス野郎」と思うようです。

で、俺も思うことがありました。
今40だけど、このまま70まで遊び倒すのか、どうするのかと。

これも書いた話かもしれませんが、俺自身30歳で脱線しているわけです。
仕事メインの人生から、遊びメインの人生にシフトチェンジしています。

その時の話はアメブロにも少し書いてますが、要は、自分の専門だった「建築」から逃げたわけです。
それを、この話のようにバカにされた時に、確かに、俺もそういう傾向があるなと思いました。

例え自営業を営んでいたとしても、もう10年もぶらぶらしている人間が、サラリーマンとしてやっていけるはずがないと言われました。
まぁ、「よしんば、就職できたとしてもやべえ薄給でこき使われるだけだろ、能力無し」がという罵声を受けまして、俺もそこまで言われるなら、就職活動するかと思うに至ったわけです。

もう1度書きますが、俺はずっと自営だったので、サラリーマンにならなくとも、別の仕事を考えてお金を稼ぐこともできます。
しかしながら、自営は人生をかけないとやっていけないくらい厳しいものです。

自営をするならば、渋谷にお店を出した時のように、適当に考えて、2年経って儲からなかったら辞めようとかいうことはできません。
それは仕事に対して責任があるからです。

それに、問題は、「サラリーマンで高級取れないでしょ?カスだから」という嘲笑だったのがありました。
サラリーマンの高級っていくらなのかわかりませんが、今の時代なら500万位が平均になるのかな。
なので、それ以上なら高級取りかもしれませんね。
よくわからなけいけど。

しらべたら、手取り30万が40歳前後の平均みたいですね。

*参考*後で読んでね!
平均月収は何歳でいくら?

俺にそんなことを言って来た人が500万よりは上なので、俺もとりあえず、その位を目指すことにしました。
これが、今日の話の全ての始まりです。

*スポンサード リンク*


40歳過ぎた中古レコ屋店主が転職活動をしてみた結果




上記のような理由があり、俺は就職活動をしてみました。
その結果、8社受けて書類で落ちたのは1社で、面接で落ちたのが2社、5社は内定でました。

一番良い条件の会社だと、俺にそういうことを言ってきた人の給料と同じ位という査定結果となりました。
大手にお勤めで数年一生懸命仕事してきた、給料が自慢の人と中途採用1年目の俺の給料が同じという結果で、俺の溜飲は下がりましたが、今回就職活動を15年ぶりくらいにやってみて思ったのは、もう1回頑張ってみる価値があるのではないだろうかと思ったことです。

今の40歳はまだまだひよっこかもしれないという話


前述していますが、俺は過去に1度建築を諦めています。
それがやる気になった理由の一つに、給料の高さがありました。

もちろん、前職まで上がることはないと思いますが、俺の大学時代の友人と同じくらいの給料が取れる可能性が出て来たのです。
これって、面白いなと思いました。

方や15年真面目にやってきた人とブランクで10年も遊んでいた人が同じ給料って、どんだけだよと思います。

しかし、そんな可能性があり、また熱中できる何かにぶつかるなら、俺もまた頑張れるのかなと思いました。
何かに負けて逃げた人にはどこかくすぶっているような気持ちが残ります。
俺もこの10年ずっとどこかくすぶっている気持ちがありました。

それを解決するためにも、もう1度就職してみたいなと思うようになりました。
なので、実際に、1か月とか1年とか短気でやっぱり辞めた、面倒くさいという気持ちになるかもしれませんが、その時はその時で、違うことを考えようかなと思います。

それ以上に、挑戦することが自分らしくていいかもしれないなと思いました。

現在、俺らは早くて70歳まで仕事をしない年金が入らないと思います。
もしかしたら、もっと遅くなる可能性も高いです。

そう考えると、40歳の現時点から70歳までの30年間は最低働く必要があります。
30年って、マジ長いですよね。

昔は60歳で年金もらえましたから、現在の40歳は昔の30歳程度かもしれませんね。
肉体的にもそういうわかい人も増えてますし。

そんな話を面接でもしましたが、今は40歳でもひよっこだと言われました。
なので、まだ若いと信じて、もう1回、頑張ろうかなと思いましたね。

40過ぎてDJとかレコ屋とか音楽業界からの転職は不利かどうか


これはおまけ記事ですが、音楽業界はそもそもがゼロサムなんですよね。
なので、1人がほぼほぼ全てを取って、残りはカスという構図が普通なので、音楽業界の人の給料は薄給であることが多いわけです。
もちろん、大手に所属する優秀な方は別ですよ。

ただ、中古レコ屋とかでレジ打ち用意の正社員とかだと結構厳しいようで、昔嘆いていた人は手取り20万切るとかでマンションの更新料が無いからという泣き言を俺にしてきてその人のMixCDやレコードを買い取ってあげたことがあるくらい悲惨でしたね。

中古レコード業界では、35歳過ぎて更新料払えない人生プランが普通なのだから、他の業界に行くといっても相当厳しいです。
特にお店のレジ打ちくらいのスキルだと、転職するには、アパレルでも厳しいのではないでしょうか。

しかしかながら、俺の結果だけみれば、楽勝だと思います。
40過ぎても7割くらいの内定率がありますし、書類は1社以外落ちてませんからね。

音楽業界に飽きてレジ打ちは卒業したい、まともな仕事に就きたいと思っている人には挑戦したほうがいいなと思います。
普通の給料をもらえれば、結構いい人生になるのではないでしょうか。
給料が増えれば犯罪率も減りますしね。

転職は人生を変えてくれるハズです。
40過ぎても全然余裕なので、ビビらず転職活動を頑張りましょう。

転職活動する以前の話ですが、早くちゃんとした会社に入ったほうが給料も上がるし、待遇も良くなっていくわけですし、いいことづくめですよ。

10月1日以降のロトレコ業務とDJ活動・まとめ





というわけでして、10月1日以降のロトレコとLotManのDJ活動は、以前よりも甘くのんびり活動していこうと思います。
パリでDJやるのも少し伸びるかな~、母親も連れて行ってやりたいしな。

年末時間取れたら、連れていこうと思います。
こういう心境の変化は、自分だけでは思いつかなかったことだと思うし、2019年になってこの記事を見返したら、俺ってやっぱりバカだな~と思うかもしれません。
それでも、こうして書いておくことが自分の成長につながるような気がしています。

そんなわけなので、あまり変わりませんが、2足のわらじを履こうと思うので、引き続きよろしくお願い致します。
お金に余裕できたら、また、XXXのような無駄使いをしたいと思います。

あと、俺に奢ってくれた人にお返ししないとな。
そのために、少しは人生の厳しさに耐え、我慢を覚えたいと思います。

酔っぱらってバッファローの件とかで喧嘩にならないくらいの常識を身に着けたいと思います。
是非、サラリーマンロットマンにも引き続き、ご期待ください。

これだけ偉そうな話を書いておいて、3か月もしなう内に上司と喧嘩して仕事辞めてたら、超絶面白いですよねwww
それもまた人生ということで、飲んだくれますかwww

適当に生きて適当に遊んで、気が付いたら面白かったなと思えるような生き方がいいなと思います。
そんなわけでして、今日は俺の人生の話でした。

*アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。
気が付いたら150人突破wwwLotmanのYouTubeチャンネルはこちら!

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+