海外でレコ堀する時の注意点3つとは?


若者よ、旅に出ろ!

と、まあ、朝からいきり立っているわけですが、それもそうです。
AKIRAの親父が、海外に逃亡、いや買付に行ってしまったのです。

俺もいきたいよ・・・。

ということで、海外でレコ堀する時の注意点3点をご紹介します。

image

海外でレコ堀する時の注意点3つ

1:閉店時間に気をつける
日本と違って海外は、やっぱり海外です。
最近も誘拐やテロ含め、事件は多発しています。
まずは、閉店時間の周辺の治安を確認しておくべきです。

そして、たまにいるのですが、レコ屋に閉じ込められてしまう人がいるという事実。
そんなバカいねーよと思う人も多いかもしれませんが、意外に起きる事故です。
地下室の扉を閉められてしまって、泣きべそかいている人も意外にいるので、本当に注意しましょう。

2:とりあえず、店員に話かけておくべき
海外のレコ屋ではジャンルわけはされていません。
なので、レコードを探すのも大変です。
店員にフレンドリーにしておくことで割引してくれたり、1のようなことを防ぐ目的もあります。
こういう人間的なやり取りは世界共通ですね。

3:レコード屋が見つからない時にはタクシーの運転手に聞け
身も蓋もない話ですが、世の中結局は金であるという面は否めない場合もあります。
レコード屋が見つからず困っている時や、初めていく場所ではタクシーの運転手に観光案内がてら仕事になるようにやってもらうといい結果をもたらせることがあります。

同時に、空港からタクシーを利用して身ぐるみはがされるという事件もかなり多いです。
俺が高校生くらいの時にNYにFatBeatsというレコード屋さんがあったけど、そこには日本人の店員さんがいたらしく、困った人はそこに駆け込んでいたそうです。

NYだと今ではA1レコードという場所で日本人のスタッフがバイトしているようですので、もし何かあったらそこに行って相談してみると、力になってくれるのかな・・・。すいません、俺のことじゃないのでわからないですが、海外に行って事件が起きるのも、日本人なんですよね。

どういうことかといえば、現地に住んでいる金に困った日本人が、旅行で金を持っている日本人を騙したりして金をむしるというのが一番多い事例なので、あくまでも、人に頼る前に自力でなんとか考える習慣があるほうがいいと思います。

全然役に立たない3つの教えですが、上級者向けなのかもしれませんね。
AKIRAの親父は、非英語圏に行ったようなので、英語は通じないから大変かもしれませんが、海外行きまくると英語が通じると旅行している感覚が無くなってしまうので、英語が通じないほうが楽しいと思います。
きっと今頃、青春を謳歌していると思います。

ぜひ、みなさんも海外にレコード買い付けに行ってみた際には、上記3訓をお忘れなく。

ということで、明日もマニアな!

ばいびー。

アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。

*Chrismas Collection & Sale2016*

会場はこちら↑をクリックでっす♪
セールは2017年1月9日まで開催予定です♪


R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

*スポンサード リンク*


This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+