Event Log #MadMax & #MagicSplash


おはようございます。
先日のイベントログを遅れながらもアップ致します。

すいません・・・。
MadMaxの方は、写真が毎度ながら1枚もありませんでした・・・。

1

が・・・、まずは、力を貸してくれたオジキ初め、出演者全員のみなさん、ありがとうございました!
大先生やアキラくんはもとより、ARAKIやNK、ウガのPC騒動に巻き込まれてMarthくんも急きょ参加して頂き、感謝感激です。

今回のイベントは暑気払いということもあり、飲み会的なイベントとしての設営でした。
イベント内容は毎回ながら面白かったとは思うのですが、対外的にはちょっと身内感というか、もっとわかりやすい面白さを出して行く必要があったなと思いました。

それと、イベントタイトルが良くないということで、次回以降の反省にしたいと思います。
DJの方は、みんなかなりよかったと思いますね!

正直、ここまでのDJがしっかりしたイベントは少ないので俺の努力不足なんでしょうね、やはり。
もっと精進したいと思います。
————————————-
続きまして、Magic Slpashです。
もうすでに、響エンターテイメントミュージックさんの方でFBに沢山写真がアップされておりますので、そちらを参照ください。

https://www.facebook.com/hibikimusic

俺も何枚か撮ったので掲載しようと思います。
まず、下町のPiBullことAKIRAMAN!

景虎パイセンの気合の入ったリハ!

↑この日は最高の船上パーティ日和。

毎回お世話になっているDJ TamさんのフロアのRockっぷりが凄かったっす。

この他、写真掲載がまずかったようなモノも多くありましたので、自分の分はこんな感じでしたw

さて、この日のLotmanのPlayですが・・・

まず、前日のMadMax後半の飲み具合がヤバくて起きたら記憶が無いという自体でのPM0時。。。
からのスタートで、Event Log #MadMax & #MagicSplash 二日酔いスタートでのイベント開始。

何とかなったわけですが、久しぶりに自分が今何をしているのかわからなくなってしまいましたね。
それも、全部、テキーラガールのマドカのせいだということにしておきますw

そんな感じで意外に短い間急激に酔っぱらってしまってからのプレイ。
今回は、晴天だったということもあり、2階フロアに人が集中している状態でした。

自分の時間の直前もまったく人がいなかったので、好きなのかけていいんだよね~?的な感じで気分よくスタート。
Grand Beatのかなりレアな曲を投下。

この時かけたあたりは、CDが1枚3万5万・・・そんな盤を続けて投下しました。
まぁこのあたりに反応できるマニアは1人位だろうな~と思いつつも、良曲に反応している女の子が数人したのですが、そろそろBMPをあげるとくかと思い、これ↓

Uptown Special – マーク・ロンソン

超ど定盤ですね。
これのアカペラからぶち込みました。

みんなで軽く合唱してからの・・・サビからRemixを投下!

その後、EDMでゴリゴリ行きまして、気が付いたら、フロア満タンになってくれていたのでびっくりしました。
なぜなら・・・この日の俺のDJ自体はクソ。
クソDJだったからです。

ミキサーの使い方もあいまいで、フェーダーのMixを間違えているくらいに。
そんな感じの大きなミスが何回かありました。

プレイ前に、Twitterで今日は二日酔いだからMixが雑にならないように気をつけようと思っていた矢先に、こんな失態をかましました。

でも、DJじゃないとこういうミスがあってもわからないものです。だから、まぁ、ごまかしつづけていきました。笑
さらに、自分じゃないとわからないような小さいミスもあり、パニックになりましたねw

しかし、周りを見渡すとAKIRAくんがいないじゃないですか。
余計に不安になりましたwww

まぁ、そんな感じで微妙なプレイながらフロアにいなかった人が安定していてくれるようになったので、俺の仕事は無事終了というところ。

終わった後、テラさんに、

フィリピンパブのアフターみたいでよかったよ

と言われ、俺の呼んだフィリピン人の友達が俺の時間にめっちゃ踊ってくれていたので、それを指摘されました。笑

それでも、まぁ、ちゃんと俺のかけた曲、音楽を聴いてくれていたからこそのあの人だかりだったので良かったなと思いましたね~。2階は2階で結構大変そうだったので、そんな感想を持ちました。

時間が経過するにつれて、今日のDJに対して凹んでいたら、Tamさんがめっちゃ褒めてくましたねw
*疲れるとなんとなくネガティブな気分になるわけです。

お客さんが喜んでくれるのがまず1番。自分のプレイがよかったかどうかの自分の判断は自己満だよ

と言われました。
普段も、多少フロアにいる人を意識してますが、基本的に俺にはあまり関係がありません。
なぜなら、俺はかけたいものをやっぱりかけたいので、そういう中で踊ってくれるならありがたいと思うからです。

いい曲って本当に沢山あります。
在りすぎて、一生を費やしても全部の曲を聴くとこができません。

そういえば、以前、テラさんに言われたのですが、

旧譜は、もう新しいのは出ない

つまり、旧譜はもう流行らないというような意味だったのでしょうか、そんな感じの話をされたことがありました。

たしかに、もうこれ以上増えることもないわけですが、俺の範囲1990年から2015年あたりの曲までをターゲットにした場合、毎年10万曲以上が新譜として出ます。
これを考えると、約250万曲が現在、俺のかけたい曲のターゲットである可能性があるわけです。

1曲4分として1000万分ですが、これを時間に直すと、166666時間。
これを日にちに直すと6944時間で年に直せば約19年になるわけです。

仕事をしているので1日8時間頑張ってDigっても、57年位は探し続けられるという量です。

逆に、新譜もかなりの量がでますが、多くのDJさんは毎週のTop40も確実に捕獲していないと思います。
精々年間のTop40位でしょうか。
また、リバイバルや現行Disco等でみられるように、ちょっと前のモノが新しくつかわれていたりすることもあるわけです。同時に、誰かが発掘してきたレア音源が半端無く流行ることも多いわけです。

こういう常識的な判断っていうのは毎日掘っていないと養われない感覚なので、新譜だけしか見ないというのではなく、旧譜も少しづつチェックしていったほうが、面白い場合も多いわけです。

なかなかこんな風にチェックできないのかもしれませんが、普通は、新譜から旧譜に流れたり、旧譜から新譜もチェックしたり、相互にチェックする人が多いと思いますが、DJだけが好きな人またはDJをしている自分が好きな人の場合だと盛り上がる音楽しかチェックしていないという話をよく聞くので、寂しいなと思います。

たまたま今回、こういうイベントに出れて自分の中ではイマイチなプレイをした結果、いろいろ見えてきたものもあり、再確認できたものもあって、非常に有用な時間となりました。

あと、最後ですが、俺の友人のフィリピン人の女の子がいるのですが、その子の従妹かな~、よく来てくれる女の子がお母さんをMagic Slpashに呼んでくれていました。

彼女のお母さんは、

凄くいいパーティだよ。本当に呼んでくれたありがとう。知らない若い日本人も優しくしてくれて本当に嬉しかった。ありがとう

と何度も何度も俺に言ってくれました。

日本に来てから仕事だけをして、子供を育てるだけに一生を終えるなんて話はよく聞きますが、そんな感じだったらどうしようと言われた俺が勝手に勘繰って、感動しちゃうほど。笑

そもそも、俺は何もしてないので、むず痒い面もありました。
さらに、その知らない若い人は全身に彫り物が入っていてかなり不良っぽい感じでしたけど、そういう優しい気持ちをもった人が来る、そんなイベントだったんだなと痛感しました。

今回、船のパーティということもあって、子連れの方や大人の方も多く参加しておりました。
来週、NJSの帝王である、DJ Yoshifumiくんのイベントが恵比寿であるのですが、そのイベントでも、子連れOKということでいろいろ対応を行っています。

多分、例を挙げたらきりないほど、こういうのってあると思います。
そういう対応をできないところや、DJ等は今後ますます衰退するのだろうな~と併せて思いました。

時代が変わっているということに気が付かないということなのでしょうね。
日本も外国人受け入れを今後ますます迫られると思いますし、観光者メインのクラブ等もどんどんできてますので、外国人だから、子連れだから、という偏見があったらなかなかうまくいくこともいかなくなってしまう可能性があるので、もっといろんな人の記事を読んだり、イベントに参加したりして、情報を集めたいと思います。

以上、かなりの長文ですが、LOGです。

*スポンサード リンク*

This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!
Regards,
djlotman

ぜひポチっとお願いします


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+