DJNOOOPYさんのReEditをLotmanなりにAbleton Liveを使って実際にRe Editしてみた


こんばんわ。
いや~、マジでもう会社リタイアしそうです。

仕事自体はどうにか余裕でついていけるけど、会社が合わないのか人が合わないのか、俺がダメなのかまったくわからん。
仕事自体は結構面白いと思うんだけどな~。

そんな感じで遠方業務が多くなっていまして、発送がしばらくの間、週末だけになりそうです。
タイミングがいい人も悪い人も、ブラックフライデー狙いな人も、今、セール開始したばかりですので、欲しい盤があれば、お早目にどうぞ。

今回の放出ではとんでも盤は無いかな~。
あっても、1,2枚です。

なので、割と安く出す予定ですので、よろしくどうぞ。

*スポンサード リンク*


DJNOOOPYさんのReEditをLotmanなりにAbleton Liveを使って実際にRe Editしてみた

前回、DJ NOOOOPYさんによるリエディットをご紹介致しました。
おさらいしておきましょう。

*参考*後で読んでね!
千葉で活躍中のDJ NOOOOPYさん自作Re Editを考察する

さて、早速、Remix環境等を説明していきます。

Faith Evans, The Notorious B.I.G – When We Party (Ft.Snoop Dogg)/ Coolio – 1,2,3,4 (Noooo[ヌー] Edit.)(105-115)の特徴


簡単にNoooo Editの特性をまとめます。

Transition 速さが変化する

BPM105という速さが、途中のブレイクを経てBPMが115にまで上がる。

ワード繋ぎ

Ain’t no party like a west coast party cause a west coast party don’t stop”という有名なフレーズにこだわり、それを使って原曲とは違う内容に仕上げている。

2曲で1曲になっている

Biggie,Faith Evansの曲とCoolioの曲を使っている。

以上、簡単な分析をしてみました。

*REMIXを作る上でのPOINT*後
DJ NOOOPYさんの気持ちになって、今回のREMIX制作をしないと意味が無いので、というのも、そもそも曲が変わったりすると対比に足らないので、この3つを基本軸にしました。

用意する曲

仕様する曲の説明です。

Faith Evans ft Biggie / When We Party

ベースとなる曲です。
こんな曲です。

West Coast好きにも最高の1曲ですね。

Coolio / 1234

途中でこの曲に変化します。
なので、この曲も用意します。

Partyに最適の曲ですね。

隠し味も用意する

ワード繋ぎなので、スパイスを加えてみます。
多すぎると何がなんだかわからなくなるので、今回はちょこっと別の曲を少しふりまきます。

今回リミックスに使う波形編集アプリAblton Liveとは?

ここまで来て、ようやく素材がそろったので、編集アプリを紹介します。

こちらのソフト、このブログではおなじみですね。
そう、「MIXCDを作ろうシリーズ」でも大活躍のアプリです。

「MixCD制作」と「勝手にRemix制作」は自分で曲をつくるのとは少し違って、似たような性質があります。
さて、この「Ablton Live」ですが、便利な特徴があるので、見ていきましょう。

波形編集アプリなのでDJ Mixをつくるのに適している

今回の動画を見て頂ければわかりますが、鬼簡単に波形を切ったり張ったりできます。

トラック製作、リミックスに最適である

波形編集が簡単にできるので、MIXCDやRemix制作に最適であると言えます。

ライブ過ぎてDJもできる

実は隠れた機能でDJをすることもできます。
お買い得ですよね!

それだけにPCもそれなりのものでないと少し重いかもしれません。

実際にAblton Liveを使ってリエディットしてみた


*ABLETON LIVEは奥が深いのでこういう本で少しづつ勉強しないと見えてきません。

ということで、やっとこの記事の本題へ。
実際に、俺も作ってみました。

こんな感じで制作してみました。

勝手にリミックス制作は、実際の編集作業が地味過ぎてクソwww


YouTubeにアップしておきましたので、ぜひ、ご覧ください。
12分位ですが、大画面で見ると、結構面白かったです。

最後に作った音源を載せてありますが、もしかしたら、いつかこれ単品でYouTubeにアップするかもしれませんが、今の処掲載予定も無しです。

制作時間は30分前後


途中、物色入りましたが、すぐに現実世界に戻されたので、実際の制作時間は20分前後かもしれません。

今回の勝手にリミックス制作の完成度とポイント


完成度は70点。
ポイントは、DJ Nooopyさんの気持ちになって作ったところです。

あまり作り込みはしませんでしたが、単純なトラックをどう使うかというテーマでやってみました。

When We Partyはあまりいじってませんが、何気に、1234はアカペラ、インスト、原曲、そして隠し味が功を奏した内容になっていて、意外にいい感じに仕上がりました。

気にいって頂けたら、ぜひ、YouTubeのチャンネル登録をお願い致します。

LotmanのYouTubeチャンネルはこちら!

DJNOOOPYさんのReEditをLotmanなりにAbleton Liveを使って実際にRe Editしてみた まとめ


*バージョンが古いのも安く買えれば結構使えますよ。

今回、記事にするまでに、準備とか用意するカメラとかあって、何より動画編集に鬼時間がかかって、この記事1本作るのに5時間か6時間くらいかかってるwww

どうしょうもないけど、まぁ、それでも面白かったし、少しでも多くの人が見てくれて、R&Bに興味を持ってもらえたらうれしいな。
次の記事でも書くけど、最近若い人もクラブで遊びたい人が増えているようなので、ぜひ、R&Bにも興味を持ってもらえると幸いです。

また面白い企画を思いついているので、それもまたシリーズ化して、動画撮っていこうと思いますので、引き続き、よろしくどうぞ。


*ロトレコ冬の大セール開催中!画像をクリックでリンクスタート!!

*アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは隔日22時22分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。
気が付いたら200人突破wwwLotmanのYouTubeチャンネルはこちら!

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+