パーティーで物販をする3つのメリット。#3月の物販情報


お疲れ様です。
結局、花粉に飲まれて花粉症になりました。

こんなヤバいんじゃ、魔法の白い粉で体質改善つっても無理があるよねw

*魔法の白い粉(味がしないのでプロティンに入れて飲んでますw)

腸内フローラを整えてくれるので、うつ病や病気予防、花粉症にも効くと言われているので、なるべく毎日飲んでます。
こういうの飲んでると、農家になりてえなと思う日もあるんですよね~。

朝早く起きるのは苦ではないので、朝畑に行って午後はネット関係の仕事とかでもいいかもしれません。
もっと自由になりたいなとは思いますが、なかなか難しいところです。

*スポンサード リンク*


さて、去年よりゆっくりと物販に注力しているわけですが、今後もいろいろなパーティーで物販の方に参加させてもらう予定です。

そんな物販の話です。

レコードリバイバルと言われていた数年前、2015年あたりから国内でも、レコードフリマやパーティ内で物販をしているお店、個人を見かけることが出てきました。

そういうパーティーが増えてきているので、実際に物販してみたい人も増えているようです。
なので、本日は、全てのパーティーに物販コーナーを設けるといいのではないかと思っているので、3つのメリットを書いていこうと思いますので、少しお付き合いください。

パーティに物販を導入する3つのメリット
1:集客があがる
2:収益があがる
3:認知度があがる

集客があがる

一つのパーティをやるには、出演者とスタッフ、そしてお店の協力が必要不可欠です。

たとえば、DJ OnlyのイベントではオーガナイザーとDJ数人だけで集客をするケースが近年多く見られます。
この数人で想定人数を上回ることができれば、そのパーティは問題無いというよりも、今の時代では人が来ないので、最高!という判断になっていると思います。

具体的にいえば、DJ4人で1晩とか1パーティを4人で40人集客するというケースですかね。
エントランスが2000円なら、40人×2000円で80000円。
一般的な小箱の賃料じゃないですかね。

しかしですね、昔、記事にもしましたが、一般的なDJが呼べるお客さんの平均は1から3人なんですよ。
0の人も多いのが普通なのです。
そんな状態ではパーティが成立しなくなっていくわけです。

そこで、スタッフの協力が出てくるわけです。

スタッフって何?
いわゆる物好きですね。誰かのために何かをしてあげたい人とか、自分も目立ちたいからやりたい人。
こういう人がスタッフには多いですね。そういう人を取り込んで集客要員にさせて大きいイベントをやっている人も多いです。

でも、普通のイベントではなかなかそういう善意有るホスピタリティにあふれる方をスタッフに巻き込んでいくというのは難しくなっています。その理由は、クラブで遊んでいる層の高齢化にあります。

なので、スタッフを増やして増員を見込むというのは今後も難しくなっていくのではないでしょうか。

そこで、物販要員を補充すると多少はその周辺のお客さんや知り合いが来てくれる可能性も出てくるという話です。
結果として、イベントの集客にも貢献できるのではないでしょうか。

スタッフも出演者も十分にいる場合はやらなくても問題無いことが多いですよね。
昔から言われていますが、ライブイベントは出演者の数を多くできるから、儲かるという説もあります。

収益があがる

集客があがれば、自然と収益もあがるわけです。
さらに、イベントが大きくなっていったら集客も出演者や出店者に頼らずメリットとして提案できるので、パーティが小さな最初は無料でも、成長するにつれて店の売り上げも増えるので、手数料をくれという提案もしやすいですよね。

クラブからのバック+出店からのバックで増益するハズです。

ある程度集客が見込めるなら、パーティのオリジナルグッズも販売してさらに収益が見込める可能性もあると思います。

問題なのはある程度ですが、過去の経験から考えると、小箱でコンスタントに50人呼んでいると次のステップが見えて来て100人呼べると大箱に声がかかるようになっていくと思います。

昔はこの単位が小箱で50人、中箱で300人、大箱で500人くらい自力でよばないと難しいというようなケースも多かったのですが、クラブ人口激減の今ではその位呼べると、他のパーティと合同開催のようなスタイルで話がくるけーすもふえているようです。

認知度があがる

出演者が増えれば、SNS等の投稿も増え結果として告知量が増えるので認知度が上がります。
認知度というのは恐ろしいもので、これは間接広告に近いある意味サブリミナル効果的な効果があります。

例えば4人が告知、共通の友人が2人という設定ではその広告を見る機会は最大2回なのですが、10人が告知だと共通の友人が6人前後になり、6回も見ることになるのです。

うんざりする場合も多いのですが、仲の良い出演者が複数がいる場合、仲の良い人が一人だとどうしようかな?と思っていても、仲の良い人が複数いる場合になると、あの人もいるし、この人もいるなと思うと、行ってみようかなに変わる人が多いのです。

心理的なハードルが大幅に下がるという傾向がありますので、告知の重要性、認知度の重要性はイベンターには大きな関心になっているのです。

それだけに、告知をしっかりやってくれる出演者は非常に喜ばれるのです。
逆に、告知をしない出演者で集客ができないと外されていく傾向も強くなっているのです。

趣味でDJやLiveをやっている人はこのあたりの収益について告知についての重要性を理解していない方が多いので、一読された方がいいと思います。まぁ、遊びでやってたら、そんなことに興味があるはずもないですよね。

でも、イベンターは自腹を切る可能性もあるので、そこはお金の絡むビジネスとしての面も強くでるので、一緒にパーティをやっている仲間としては、考えてあげてほしいところです。

パーティーで物販をする3つのメリット まとめ

パーティに物販を導入する3つのメリット
1:集客があがる
2:収益があがる
3:認知度があがる

ということで、今月3月のロトレコ物販情報はこちら!

3月16日木曜日夜19時スタート 7Inch Vinyl Only Party


452

今月もROCKさん、まんきちさんにご指導を受けて修行させてもらってきます。
遊びに来ている方も凄い方ばかりで、恐縮ですが、先輩方の考え方等を学んで少しでも、成長できるといいなと思いますので、頑張ります。

7Inchのみの物販となります。
ジャンルも様々で、RAPからSoul、そしてR&Bですね。
俺はR&Bのみの参加ですので、7Inch好きな方、週中で飲みたい方はぜひ遊びに来てくださいまし。

3月20日(祝日月曜日)15時スタート R&B Only Party


backandforth

昨日も詳細を告知させて頂きましたが、ロトレコのパーティです。

*参考*
これは、かなりヤバいお遊びですねwww

釣りタイトルに負けないくらいR&B好きにはヤバいパーティです。
物販もどーしょうもないメンバーを揃えています。
恐らく、これだけのメンバーで、クオリティで、物販できるのも、このパーティだけじゃないかな。

とてつもないレベルのCDやらレコードやらが出てくると思いますので、ぜひ、よろしくお願い致します。
また近くなったらインスタ等で出す盤を紹介しようかな。

今夜も長くなりましたが、レイドバックで。

というわけでして、明日もマニアな!

ばいびー。

アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。

*スポンサード リンク*



R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+