自分の好きな洋楽のパワーで英語を伸ばす方法


お疲れ様です。
昨日、今日はグータラ三昧でした。
人生に飽きてしまったのでしょうか。

514

なかなか出ない数字です。
マジやべえ。

そんなわけで今夜はLotZapに行ってこようかなと思いマス。

*スポンサード リンク*


そんなわけでボケーっとしていながらベッドで横たわってニュースやブログを読み漁っていたところ面白そうな記事を見つけました。そういえば、先日大先生も英語に興味を持っていたなというのを思い出したので書いてみます。

自分の好きな洋楽のパワーで英語を伸ばす方法


特にコレ、面白かったのでチェキ。
R&B好きも沢山聞いていたらどんどん英語力が上がればいいのにねw

*参考*
洋楽のパワーで英語を伸ばす方法
出典:日経ビジネス

*抜粋*
「あるがままの英文」を「受け取る」という視点から意味を考えてみようという事です。

この記事を要約するとこの記事はすべてこの1文に集約されます。
さらにこれから補足すると、洋楽から英語を学ぶ上で重要なことが見えてきます。
それを今日補足していこうと思いマス。

R&B好き洋楽好きが英語を苦手にしないほうがいい理由


DJをやっているといろいろ英語を使うタイミングがあります。
それを考えると英語の需要が見えてきますよね。

海外の友達が出来たとき


DJをやっていたり、海外に遊びに行っていたり、いろいろな面で英語が必要だなと思うことはよくあります。
折角の交流なのに意思疎通ができないのってかなり残念ですよね~。
最近ではSNSでも交流が進んでいるので、中2レベルのいや、もっと言えば厨2レベルの英語で充分意思疎通できると思うので、苦手だなと思わないように、英語になれておくことが重要かなと思いマス。

DJの選曲でハズさないように


残念なDJで多いのが歌詞の内容を分からないままかけているせいでチグハグなMixになっている人も多いです。
EDM等は歌詞そのものがなかったり、掛け声だけとか、そういうものも多いのであまり意識することは無いのかもしれませんが、90’s R&B等は歌詞重視だったりしますが、日本ではメロディ重視なDJさんが多いので気が付けなかったりすることも多いです。

しかしながら、最近の若いDJさんは英語になれているというか、苦手意識が低い人が多いうえ、EDMのように全世界的な人向けになっているので、英語、EnglishではなくGlobishでできている曲や掛け声だけの曲も多いので、かなり差がつきますよね。

オリンピックに向けていい曲をかけたいDJさんは是非、英語に苦手意識を持たないようにしたほうがいいかなと思いマス。
まぁ、Akiraくんのようにスーパーコミュ力が高い人なら英語自体大した障壁にはならないんですけどね。
普通は英語が苦手だとコミュ力が大幅に下がるので、楽しくお勉強しましょう。

教養のため


人間教養素養ってかなり見られてますよね。
ご飯の食べ方から使っている単語などから着ているもの身につけているものから職業や学歴まで、意外なほど他人から見られています。
あまり気にしても仕方の無いことですが、教養を身につけるということは文化レベルが上がるということにつながるので民度上昇にも有効ですよね。
そういう面でも趣味として英語ができるというのもいいものじゃないかなと思います。

洋楽を聴いて身につける理想的な英語の勉強方法


冒頭の記事にも書いてい有るのですが、洋楽 R&Bを聴いているだけで英語力がアップするには、「あるがままの英文」を「受け取る」という視点から意味を考えてみようということですが、それについて補足します。

英語を英語で理解する


あるがままの英文を受け取るというのはどういうことでしょうか?
それは、英語を英語で理解するということです。

例えば、それは、あの記事でも書いていますが、
「BitterSweet Memories」をどう訳すのかということでもわかります。

もはや、これは日本語レベルのカタカナ英語ですよね。
でもよくよく考えるとかなり高度な英訳力が必要なんですよ。

Bitter:苦い
Sweet:甘い
Memories:Memoryは記憶の意味だと不可算名詞なんですよね。それが複数系になっているます。

直訳すると、「苦くて甘い記憶」となります。
しかしながら、これだとこのあとの「That is all I’m taking with me」につながった時に意味がよくわからなくなってきます。

That is all I’m taking with me:あれが私と一緒に受け取っているもの全て。
となるわけですが、もう少しまともな訳にすると、「私の人生全て(の経験)」というほうがわかりやすいかなと思いマス。
ここから「苦くて甘い記憶」は、「酸いも甘いもあった思い出」と訳したほうがいいと思うのです。

このように英訳にはいろいろな解釈があってこそ、よりより訳になるわけです。

文脈の背後から意訳をイメージで受け取ることが大事


前項のように漠然とイメージしてそのまま理解しておくことが英語を理解するのには大事なことだと言われています。
曲のイメージからその文脈を意訳し、受験英語のように全文を綺麗にしっかり訳せることは全く重要ではなく、それ以上に、その文脈がプラスのイメージなのがマイナスのイメージなのかを理解していることのほうがずっと重要なのです。

このようなイメージが出来上がるようになると、会話の中でも良い意味の似たような語彙を脳内で勝手に変換してくれるようになるので、より英語にとっつきやすくなっていきます。

洋楽を聴いているだけで英語がアップするためにはそういう下準備が必要ですね。
英語独特の言い回しを単語レベルではなく、熟語レベルで覚えていってしまうのも大事ですね。

本気で英語を勉強したい人には今沢山のオイシイ教材が出ているようなのでご紹介しますね。

英語を勉強したい人のためのオススメ教材

英語もライザップで結果にコミット




結果に厳しいライザップならではの英語塾です。
楽してやりたい人ではなく、本気も本気で英語を勉強したい人向けとなっています。

聞き流すだけスピードラーニング




某ゴルファー等が使っている無料の聞き流すだけのシリーズってやったことある人いますか?
俺の母親があれを無料だということで、勝手にTVCM見て電話してCDをもらいました。
すると、無料と書いてあるにも関わらず、実際は、開封したら有料で買取なんですよ。
詐欺だなと思いました。しかも、聞いているだけじゃ全然できるようにならなかったですよ。

それとは違うのがこちらのメソッドです。
やはりしっかりと勉強したい向けなので学習したい人向けです。

トライズなら1年で英語が話せるようになる




1年を長いと思うか短いと思うかで変わってきますが、ここはライザップ並みに何をやっても英語が上達しなかった人向けですね。
ベルリッツやZkai等上級者向け、Toeic等テスト向けな塾に行っても会話はできるようにならないので、会話重視ならこちらがオススメです。

外国人の友達・彼女をつくる


英語を覚えるには外国人の彼女や友人を作るというのが一般的です。
洋楽を一緒に聞いて一緒に歌えると結構覚えていくものですが、どこで出会うのかという問題がありますよね。

今度それについてまとめておきますが、最近では芸能人や芸人、ケツメイシ等のアーティストも公言しているとおりフィリピンパブでのフィリピン人から教わるというのが一般的でしょうか。

英語をあまりしゃべれない人に多いのですが、昔見た人で、フィリピン人はフィリピン訛りがあるから英語を習いたくないという人がいました。そういう人に多いのがオーストラリアで学位の取れない遊学を留学だと言い張っていて外国人の彼氏をつくって英語を喋れている風でした。
オーストラリア人のなまり半端無いから、聞き取れない人も多い事で有名なんだけどと当時思ってましたが、遊学と留学を混同している人も多いので説明しないけど、そういう時間の無駄をするくらいなら、フィリピンパブで英語を覚えるほうが100倍マシじゃないかな。

最近だと10万PVあるとフィリピンでの英会話学校の授業料が無料になる会社もあるんですよ。
英語を本気で話したい人には最高ですよね。
*他にも一発芸あると留学費用20万円が無料になるみたいです。

*参考*
今話題のセブ島留学、一ヶ月無料で提供いたします

俺の知り合いもDJでフィリピン留学してますが、DJで月2万位稼いでいるみたいです。
ちなみに、フィリピンはマニラの生活費で4万円位でいけるらしい。
俺も響エンターテイメントミュージックのパーティーに毎回読んでいたフィリピン人の女の子に、「マニラでDJやったら月4万は絶対稼げるよ」と太鼓判を押されていたので、時間が自由になったらいってみたいなと思いマスね~。

日本のDJなら海外でもっと稼げると思うけどね。
DJだけやって遊んでいきていけるようになりたいぜ。
ちなみに、語学学校ってほとんどが大学とは無関係で、単位や学位は取れないようなところが多いから留学にはならないことがほとんどです。だったら、こういう無料で通える英会話学校はオススメだと思うよ。
親に金もらって遊学してもな~。

philippin

英語上達方法まとめ

  • 英語に苦手意識を持たないことが大事
  • 難しく考えずイメージでなんとなく理解しておく
  • 本気の人は教材や塾に通おう
  • 外国人の彼氏彼女を持つのは早道かもしれない
  • 東南アジアは留学費用も安いので穴場

今日の記事はクリティカルに役に立つハズ。
絶対お得だと思うので、ぜひ、何度も読んで一緒に勉強しましょう♪
というわけでして、明日もマニアな!

ばいびー。

アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。

*スポンサード リンク*



R&B好きは必見のまとめサイト

*詳細はこちら↑から♪

This post is not in English now.
Because It’s too long to translate all this sentence.
Maybe,I would write this post someday…

please wait for that day!

Keep Diggin’ 365 Days
Regards,
djlotman


面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+