韓国でセミリタイアしてDJで暮らす


お疲れ様です。
今日は華金ですので、これから春の嵐の中遊びに行く方も多いと思いますが、怪我等に気をつけて楽しんで来てください。

自分は明日の夜、Osshyさんが来るDiscoJapanか大宮ギャラクシーに遊びに行こうか考え中です。

そんな春の貴重な一夜を妄想で過ごす真夏のLotmanですが、基地外だと言われても仕方がないような夢物語を引き続き書いてみたいと思いますので、おヒマな方はお付き合いください。

ちびっと酒でも飲みながら、レコードでも聴きながら、このブログをお楽しみ頂けたら幸いです。

*スポンサード リンク*


さて、本日の記事は、シリーズモノのDJでセミリタイアを考えるシリーズです。

韓国でセミリタイアしてDJで暮らす


2322
ここで、質問です。

働きたくない人Put ya hands up!

多分、7割位は働きたくない人がいると思います。
さらに、あわよくば、DJで食っていけたらいいなと思ってる人もかなりいると思います。

大体こういう人は、2種類に大別できます。

1.DJを始めたばかりか、DJをよくわかっていない人

2.DJ歴は長いが、結果が出ずDJだけでは生活できなかった人

どちらもよくあるケースですね。
1.DJを始めたばかりか、DJをよくわかっていない人は無知だからこその憧れで、2.DJ歴は長いが、結果が出ずDJだけでは生活できなかった人は経験上かなり難しいということから、もし達成できたらいいなという願望から来る憧れです。

どちらがどうとかよりも大事なのは、どちらもDJが好き!って話。

DJが好きだからこそ、DJで食っていきたいと思うわけだし、DJで稼ぎたいと思うわけです。
なので、その願望を満たすヒントになるように、ピント外れの情報を提供しておきます。
ちなみに、普通のことを普通にやっても、DJでは結果なんてでませんよ。

ピント外れの事をやり始めて、達成し、日本人初みたいなランクになれた時に、DJとしての成功があるんじゃないかと思いますよ。
*ただし人の道から外れる外道はダメですよ。

そんな話からまずは韓国の普通をチェックしていきましょう。

韓国でならDJとして生活できる!


4
昨日のブログも、フィリピンの記事もシリーズなのでまとめておきますね。

*参考*後で読んでね!
フィリピンでDJで生活するというセミリタイアを考える
リタイアしたらDJで食ってくのもアリなんじゃないかって提案

よく日本に遊びに来ているDJ Funnyよろしく、他にも沢山の人が職業DJとして韓国で活躍しています。
海外でも今や職業DJは珍しくないものとなっています。

その理由は過去の記事でも度々触れてきましたが、もう一度おさらいしておきましょう。

日本以外の国ではDJの総数が少ない


まんまですが、これは次に書く理由と関連していますが、日本以外の国では所得が低いのでDJ機材を買うことができにくいというのが大きな理由です。

経済的に厳しいわけですから、なかなか気軽には始められないという問題があります。
台湾でもDJスクールを拝見させて頂きましたが、先生も生徒さんも必死でやっていた印象があります。

その結果、ある程度のスキルがあると先生に認められたDJは、先生の知り合い等の紹介により、お店に出入りし、職業DJとしての道を歩むわけです。

これは日本でも最近では見かける光景ですので、DJスクールに行く意味はここにあるといえると思いますよ!

韓国も同じで、DJ機材を簡単に買うことが難しいため、DJ自体の数が少ないのです。
逆に、歌やRAPは身一つでできるので、始めやすかったというのもあり、K-HipHopは凄いハイレベルになっていたのだと予想されます。

韓国の月収とか生活費は?


月収はかなりばらつきがあるものの、平均値しか出てなかったのですが、平均として手取りでいうと14万円ぐらいだそうです。
大手にお勤めのエリートリーマンで平均が580万位なので日本とあまり変わらないのかもしれません。

ソウル等は日本同様物価が非常に高く世界でもTOP10入りしてますね。
気になるソウルで1か月平均の生活費ですが、15万円程度だそうです。
*2018年3月現在1万Wonが1000円位

これ、結構いい暮らししての値段なんですよね。

どういうことかと言えば、貧乏学生とかDJとか孤高の中高年がする生活じゃないって話。
日本のOLとかレベルの水準なんですよ。

週に1回友達と飲んで、そこそこ綺麗な立地もまあまあな物件に住んでとかって話です。
孤高の中高年の皆様なら、家賃35000円場所Itewonとかでもかなり綺麗な物件で出てくるし、飯代なんて1食300円くらいからありますからね。500円もあれば1日生活できるんじゃないかなと思います。

そう考えれば7万円くらいでなんとかなりそうな気がしますよ。

*参考*後で読んでね!

韓国の平均年収に興味がある方のための基礎知識
生活費が最も高い国ランキング

韓国でDJするとギャラはいくらもらえるの?


IMG_1591

当たり前な話ですが、これは人に依る!って話です。
それじゃ、話にならないので、書いておくと、大体週末は1本1万WON前後で日本円で1万円くらいが相場です。

ただ、その現場にずっといないといけないわけではなく、ある程度の集客とイベント構成を見れるレベルになると他のクラブでもDJしてOKになるということです。

つまり、オーガナイザー兼DJということですね。

現場責任者としてDJもやると、多い人で3件位回れるようなので、金曜日土曜日日曜日の昼・夜で8本くらいのレギュラーを持つことができるそうです。

なので、一か月は4周あるとして32万ほどの収入が見込めます。

現場数が少ない人でも、韓国は1万WONで週2、3回入れるとのことですので8万から12万くらいは稼ぐことができそうです。
当然、非課税というか無税なのでまんま自分の収入になってしまうのため、毎日のんびり生活することができます。

とあるDJ Funnyの1日を書いておきますね。

とある DJ Funnyの1日の生活サイクル


S__5128271

10:00 起床
10:30 エスプレッソを飲む
11:00 DJの練習を開始する
13:00 粗食
14:00 ジムでワークアウト
15:00 DJの練習またはレコードDiggin’
19:00 Itewonのクラブやバー周り。
   酒を付き合いで飲む(もちろんお店のおごり)
02:00 就寝

こんな感じらしいです。
すげー楽だなw

韓国に行ってクラブDJになるための方法


20180209Korea_180212_0007

言うまでもなく、コネしかないです。

そこでどうやってコネを作るのか書いてみます。

語学学校等学校に通い友人を増やす


ビザの問題も一気にクリアできるので、これはかなりオススメな正攻法ですよね。
セミリタイアしている海外生活者の多くは最初ここから始める人も多いです。

クラブやバーでDJできないか交渉して回る


いわゆる飛び込み営業のようなものですが、

「I’m DJ From TOKYO,Can I DJ Here?」

と言えば今度ヒマな時に来いと言われることもあると思います。
クラブやバーにDMしても返事がない・・・AKAただの屍のようだという現象になりやすいので、直接行ったほうが早いです。

MixCDをいろんな人にくばり、SNSを活用する


MIXCLOUDでもいいと思うひとも多いですが、実はMIXCLOUDってほとんど聞かれないんですよね。

その理由は、MIXCLOUDに参加しているDJの総数が異常に多いため、MIXCLOUDが始まったときとか少なくとも今より5年以上前からアップしていないとなかなか総数が伸びません。

そうすると、百何回とかしか聞かれてないようなスコアでバーやクラブの人とやり取りするのはちょっと難しいですよね。
なので、MixCDを持っていく方が早いと思いますよ。

韓国でセミリタイアしてDJで暮らす・まとめ


20180209Korea_180212_0005

閉塞感漂う日本でくすぶっているなら、思い切って韓国とかに行ってみるというのは案外アリな気もします。
自分の価値がどこにあるのかという問題にもなりますが、日本では目が出なくとも、海外に行ったら重宝されるケースも少なくはないと思います。

それに、いまの流行じゃないけど、30代で会社辞めて好きなことをして食っていくというのはお金よりも自由ということを取ってる分、将来的にもよさそうな気もしますけどね。

そこまで至るのも大変な気もしますが、どうせ1回しかない人生なら、やりたいように生きるのもアリではないでしょうか。

そんなことを考えながらお休みなさい。

*Amazon Music Unlimited*Itunesには無い音源が眠ってます!



アナタを寝かせない夜のLotRecordsはこちらから
http://www.lotrecord.com/

*このブログは毎日22時44分前後に更新予定です。
たまにミスりますが、ご容赦下さい。

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+