#R&B初心者ガイド どうやったら一人で音楽を楽しめるようになっていくのか考えてみた。


今日から、’自称’ R&B Adviserを名乗ろうと計画しているLotManです。
最近、R&Bマニアの人から直接ブログ読んでるよと言われることが増え、面白かったものについては、特に何時間も話をしたり意見を頂戴したりする機会が増えました。
R&Bに関してもっといろいろな意見をいろんな人に聞いてそれらを基にして知見をまとめていこうと思います。

マニアとの話で出たのが、「R&B マニアの生態と常識の違いを分類してみた。」という記事の最初の画像の件。

確かに、言われてみれば、「初心者ってほとんどいないね」ということ。

これは過渡期を過ぎて成熟期に入ってしまったということですね。
日本の少子化、そして経済成長と同じような問題です。

これらが、無関係だとは言いませんが、R&Bをもっと盛り上げていくには「R&Bを聴きたいと思う人」が必要だということ。
聞きたい人がいなければ、必然的に衰退しますからね。
昔は専門誌もいろいろ出てましたが、今ではどれも休刊となり、ネットだけで更新しているところもあり、また逆にネットで得られる個人がやっているブログ等の情報の方がフレッシュで深いものが多くなってしまいました。

また、専門誌の多くは、R&Bシーン成長期に作られたものが多いのでその時の流行や、チャートが主流で「どうやったらR&B好きを増やせるか?」ということにフォーカスしているものが少なかったと思います。
その結果が今のR&Bシーンの衰退な気がするのです。

HipHop,R&Bの雑誌といえば、個人的にPushできるのは不定期だった頃の「Front」は中身が詰まっていて面白かったと記憶しています。その前身だった頃のものが凝縮されていて、HipHop自体あまり知らなかったようなことが、というよりも海外文化自体の情報がまたネットでもあまり無かったので、そう感じたのかもしれませんね。
男の子はヒップホップ的な生き方を、女の子はメイクとかスタイルをチェックしてたんじゃないのかな~と思います。

そういう世界に誇れる雑誌が昔は日本にありました。
それを思い出すと、話がなが~~~くなるのでここでは思い出しませんが、「どうやったらR&B好きを増やせるか?」というテーマに対して、逆説的に考えれば、「なぜ衰退してしまったのか?」ということ同義で、その一つの理由として考えられるのは、「R&B雑誌等が減り、CDも売れないため、新しく自分に合った音楽に触れる機会がないこと」があると思います。

同時に今は、情報が氾濫し過ぎていてどれから始めたらいいのかわからないって人も多いんじゃないかなと思いました。

つまり、音楽は沢山そこら中にあるけど、どれがいいのかわからない。
ということです。

そこで、「R&B初心者ガイド」なるものをこれから何回かに分けて
提示していこうと思います。

R&B雑誌等が減り、CDも売れないため、新しく自分に合った音楽に触れる機会がないこと
これに関して、自分が思うのは、最初のウチは兎に角、新しい曲を沢山聴くという行為が重要だと思うのです。
そのウチに、自分にあったものがわかるようになると思います。

なので、新しい曲を沢山聴くための方法を提示することが、今回のひとつの回答になるのではないかと思い、「どうやったら一人で音楽を楽しめるようになっていくのか?」みたいなものを提示したいと思います。

そんなの「買えばいいじゃん」って言う人は、大分音楽になれている人だと思うわけです。
もっとハードルを下げていくというのは、意外に初心者じゃないとわからないことなんだと思います。

曲自体の紹介はこちら↓のまとめサイトでやっているので、ご覧ください。


R&B好きは必見のまとめサイト

今回は、その曲に出会うまでの方法について考えていきます。

続きは次のページで!

*スポンサード リンク*



面白かったらシェアお願いします!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+