DJ初心者が独学でDJ練習を効率化するプログラムを組んでみた


こんばんわ。
先日、上長に、「夢見る少女じゃいられないんだよ、現実見ろよ」と言われて、「ばーか、少女じゃねーよ、おっさんだよ!バーカwww」と思っていました。
人間は夢を見る生き物なんです。

恐竜は周りの景色が見たいと思った結果、目が見えるようになったんです。

人間がほんの少しの未来を想像して、夢を見て、何が悪いのです。
魔法少女じゃなくとも、魔法中高年(おじさん女装編)だったとしても何が悪いというのかと思ったけど、今考えると、確かに気持ち悪い気はしますね。。

おっと、いつも前置きが長いんじゃと言われないためにも今日の分を更新しておきましょう。

*スポンサード リンク*


DJ初心者がDJ練習を効率化するプログラムを組んでみた


独学練習用の記事です。

DJ練習 まとめ


これまでDJ練習に関する記事はたくさん書いてきました。
その中で、唯一誰にでも当てはまる、究極のポイントがあります。

それは、「毎日練習すること」です。

特にある程度できるようになったら余計に毎日少しでもいいのでタンテに向かうといいと思います。
とか言ってる俺は今年まだ1回も練習できてません。

とりあえず、今夜練習します!

練習したくない、練習する気分になれないという人は、俺の記事とかYouTubeでも見てぼけーっとしてから少しだけタンテで音楽を聴くようにしましょう。
スクラッチを少しやって、終了でもいいと思います。

とにかく、少しでも触ることを意識するのがまず第一歩かと思います。

*参考*
DJスキル上達には毎日DIGと曲を聴き少し練習するのがいい

初心者がDJの練習をするときに意識したいこと3つ

DJスキル上達には毎日DIGと曲を聴き少し練習するのがいい

DJ練習方法 中級者から上級者への道

初心者DJがうまくなるプログラム


写真

YouTubeを見て実践する


今の時代は先輩や先生がいなくとも、必要なことはすべてYouTubeで教えてくれるので、勝手にメンターを探して教えてもらいましょう。

おすすめなYouTube DJを張っておきます。

Scratch備忘録


面白い動画もあるのでおすすめ

djkenie


真剣に練習したい人向けの動画ですね。

Topicker Official


出来たばかりのチャンネルのようですが、EDM色が強いので取り上げてみました。

これらの動画を毎日見て、パクれるようになるまでやり込めばうまくなっていると思います。
正直、独学で動画見て一生懸命練習したほうが、スクールにいくよりも上手くなるような気もします。
先生によっては変なくせがついたりする場合もあるので。

DJの友達を作ります



YouTubeで独学できない人は、DJの知り合いを作って教えてもらうのがおすすめ。
特に異性がいいでしょう。

英語も異性から教えてもらうとうまくなるという話ですからね。
おじさんから教えてもらうより、ピチピチギャルから教えてもらったほうがやる気になるってもんです。

DJスクールに通います


DJの友達を探すのも面倒、YouTubeを見るのも面倒という人は思い切ってDJスクールに行ってしまうのをおすすめします。
時間をお金で買う感覚です。

ただ、注意しないといけないのは、DJスクールはピンキリです。
ひどいところのDJスクールの卒業生の多くはまともにDJできない生徒が多いので、めちゃくちゃたたかれます。

なので、大手に通うか、本当に有名なDJさんが教えてくれるところか、先生と相性がいい、わかりやすい等の利点があるところに通う事をおすすめします。

*参考*
オススメのDJスクールを紹介

3か月でDJができるようになる!独学で学ぶカリキュラム


俺が勝手に作ったカリキュラムを書いておきます。

1コマ1.5時間として、17コマで、1日1コマ、少しさぼっても2週間もあればDJの基本はできるようになります。
この授業の予習復習も入れて1か月もあればかなりうまくなると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

*確か昔DJスクールをやっていた時にプログラムを作っていた気がするのであとで探しておくわ。

DJ初心者がDJ練習を効率化するプログラムを組んでみた・まとめ



何度か書いてますが、DJというのはそもそも昔はスクールに通うようなものではなかったし、DJの先生というからには大御所中の大御所しかできないような職業でした。
それが、ケイコとマナブのようなサイトやインターネットやSNSの普及などによって、需要が高まっています。

それと、PCでDJが簡単にできるようになったというのも大きな要因だと思います。

しかしながら、それでも初めてDJをするというのは、なかなか難しいことです。
DJとして1人前になるまでできるのに、3年はかかるだろうし、それを短縮しても、ある程度のプレイをするのはそこからまたさらに積み上げないといけません。

DJとして、自分のカラーとはなんだろうかと考えると、より深みにはまっていきます。
時に、他人と同じ選曲、某DJのパクリMIX等きりがないほどオリジナル性について悩むと思います。

でも、悩んだということはそこで成長しているという証でもあると思います。
DJ BRONX SIGという土浦・つくばでは有名なDJさんがいますが、一つのつなぎに込める思いは膨大な量です。

たった一つのつなぎに6時間の練習をしたりするようなDJです。

こういうこだわりって、HIPHOPには本当に必要だと思います。
それこそがかっこいい、それこそがHIPHOPだと思うわけです。

そういうこだわりのあるDJに出会えたら、奇跡なんですが、多くのDJやリスナー、お客さん、または友人としてそのプレイを聞いてもふーんとしか反応できない場合もあるかもしれません。。
それでも、一つのMIXを大事にしているDJがいるという事実は、俺らDJには大きな壁となるし、そういう思いを持ち続けたいと思います。

だからこそ、他人のやってるプレイは聞いてないようで、耳に残るし、2バースが始まってMIXしたりしていると気になってしまうのです。

BPMが合ってMIXしたり、カットインしたり、曲をつなぐだけがDJじゃないと思います。
こういう思いをつなぐのもDJの仕事、役割なんじゃないかなと思います。

最後、うまいこと言ったので、満足して寝ます。